シーンに寄り添う、あかりの演出

内装や家具と同じように、お部屋の印象に大きく作用する照明。

ただお部屋を明るくするものではなく、心地よい時間や雰囲気をつくるものとして捉えてみるのはいかがでしょう?

時間帯や過ごし方に合わせて、あかりの演出を加えた事例をご紹介します。

case1

シーンに寄り添う、あかりの演出2

足元をぐるりと照らして、非日常感を楽しむ

仕事場を兼ねた住居スペース。木やコンクリートを使った空間の足元に、間接照明が仕込まれています。

周囲を照らすことで、まるでお部屋全体が浮かんでいるような、不思議な感覚に。

仕事終わりに天井の照明と切り替えれば、非日常感を味わう、特別な時間が過ごせそうです。

この事例について詳しくみる

case2

シーンに寄り添う、あかりの演出6
シーンに寄り添う、あかりの演出7

リビングの一角に、あかりで生みだす「個の空間」

リビングの一角にあるデスクコーナー。

小さな居場所の頭上には、街灯のようなフォルムが愛らしい、L字型の照明が。あかりを灯すと、個の空間が生まれます。

家族が寝た後にお酒を飲んだり、書き物をしたりと、一人の時間を楽しく演出してくれそうな事例です。

この事例について詳しくみる

case3

シーンに寄り添う、あかりの演出11

光の広がりと陰影を使って、階段室を「ほっとする」空間に

2階へと上がる階段にある、2灯の明かり。側面の壁と正面の壁、天井や壁のコーナー近くに照明器具を配置することで、明暗にメリハリがつき、頭上に印象的な陰影をつくっています。

一日の終わり、寝室に向かうまでの通り道がこんな雰囲気なら、ほっとしますね。

階段や廊下など、ただ「移動するための場」でも、光の広がりや陰影など、あかりのひと工夫で通りたくなる空間に変化します。

この事例について詳しくみる

このテーマに関連する商品たち

引掛シーリング用のローゼットにDIYで取付けられる電気工事不要の簡易ライティングレール。お好きな照明と合わせてお使いください。
アームとシェードを自分の好みで組み合わせることができる、リノベーション空間にぴったりな工業製品のような飾らない形の照明器具です。
細いブラックのアームが下向きに壁を照らす、シンプルなブラケット照明。壁を灯すと空間に奥行きが生まれます。シェードはへら絞りのアルミ製です。
飽きのこないシンプルな形状の直付照明。玄関やトイレなどの小空間におすすめ。洗面室や浴室など水回りにも使えます。

ニュースレター

空間づくりのアイデア集・新商品情報を配信しています。