今回ご紹介するのはオープンな洗面空間の事例です。

通常、洗面台は脱衣所の中に設置されることが多いですが、今回の物件は脱衣スペースが非常に狭く窮屈な間取りだったため、脱衣所に無理に入れ込むことはやめて思い切って外に出すことにしました。

配置したのは玄関の真ん前。

思いっきり目立つ場所なので、生活感がでないよう選んだのは、家具のような雰囲気の「ミニマル洗面台」(このプロジェクト用の特注仕様になります)。淡いグレイの「水彩タイル」をあわせて上品に仕上げました。見せたくない細々したものはボックスミラーの中にしまうことができます。

洗面台とボックスミラーのシナ材は淡いグレーに塗装している特注仕様
洗面台とボックスミラーのシナ材は淡いグレーに塗装している特注仕様

タオル掛けに選んだのは「棒棚受け」。写真のようにグリーンを掛ければ、アイキャッチにもなります。

フォルムが美しい「壁付セパレート混合水栓」をあわせて。タイルとの相性もばっちり。
フォルムが美しい「壁付セパレート混合水栓」をあわせて。タイルとの相性もばっちり。

外から帰ってきてすぐに手洗い・うがいができるというスムーズな動線も思えばすごく魅力的。明るく開放的な空間で歯磨きをしたらシャキッとした朝が迎えられそう・・・!

狭い脱衣スペースから解き放たれたことで、気持ちのよい洗面空間が生まれました。

(ヤマキ)