今回ご紹介するのは、ショールームに何度も通い、こだわり抜いてパーツ選びをされたお客様の事例です。

カラーはホワイトを基調とし、素材はシナや針葉樹系フローリングで作られたさわやかなキッチン空間に使われているのは、シンク前に『溶融亜鉛メッキの把手』、『ニッケルサテン水栓』、そして『キューブ型レンジフード』。

白い冷蔵庫の奥には『オーダーフラッシュドア シナ』が使われています。

キッチンの後ろを振り返るとリビング空間。こちらも同じトーンでまとまっています。
キッチンの後ろを振り返るとリビング空間。こちらも同じトーンでまとまっています。

お話を伺った時は、すでに施工が進んでいて、本当ならば早くパーツを選んでしまわねば、という状況でした。

でも、自分が作りたい空間にこのパーツはハマってくれるんだろうか?調和を乱さないだろうか?と、何度もショールームで商品を手に取り、頭の中のイメージと重ね合わせてシュミレーション。
把手などのパーツは移動させて、ショールームにあるシナ材の商品にあててみたりと、かなり検討を重ねておられました。

キッチンから玄関に向かった写真。
キッチンから玄関に向かった写真。
こちらは玄関からキッチンへ。
こちらは玄関からキッチンへ。

玄関の床に使われているのは『土間タイル ホワイトグレー』。
(※こちらは仕様変更前の販売終了品です。)

白い土間タイルと、キッチン床のダークトーンの切り替わりが気持ちの良い玄関です。
玄関の収納扉にもシナ材が使われていて、『木のつまみ』がちょこんと可愛らしいアクセントに。

リビングの奥は寝室。
コンパクトながらも、使う素材やトーンが絞られているので落ち着いたテイストになっています。
扉は設けずに袖壁でベッド部分を仕切っているので、緩やかな繋がりで圧迫感がありません。
でもお休みするのに、この袖壁が生み出すこもり感がちょうどいい。
照明のほの暗さも心地よいですね・・・!

こちらは洗面スペース。
ミラー奥のカラーが鮮やかに、気持ちよく目に飛び込んできます。
そんな空間には細身のシルエットが美しい『壁付セパレート混合水栓』が使われています。

工事が始まると、バタバタと決めないといけないことに追われてしまいますが、
しっかりとイメージをされていたからこそ、細部にも向き合いできた「好きな家」。

たくさんショールームでお話いただき、お写真で完成を見たときはとても嬉しかったです!

素敵な事例をありがとうございました。

(サコ)

株式会社 HandiHouse project

合言葉は『妄想から打ち上げまで』。設計・デザインから工事のすべてにおいて、施主も一緒に参加して作っています。家づくりが趣味になれば暮らしも豊かになる。そんな思いで活動している建築家集団です。

住所:神奈川県横浜市鶴見区駒岡4-30-49
URL:https://handihouse.jp

使われている商品