見た目にもこだわって選んだ日用品、
お気に入りのファブリック、本やアルバムジャケットたち。

そんな日常を彩るアイテムを
使いやすく、見せつつ、
暮らしに取り入れるのに役立つのが、見立てを変えたハンガーバー。

細くシンプルな金属のラインのパーツが、
お気に入りのアイテムたちをさりげなく引き立てます。

case1

窓辺に彩りを。華奢な真鍮バーにお気に入りのファブリックをラフに結んで吊るす

「カフェのような雰囲気にしたい」と、窓サイズに合わせたバーに北欧テイストのファブリックを結びつけて。カーテンレールやロールスクリーンは、存在感が強くなりすぎると感じて、このスタイルを思いついたそう。軽やかな印象で、気軽にお気に入りの柄をインテリアに取り込むことができますね。

この事例についての記事を読む>

case2

茶器と茶筒のコレクションをオープン棚に。シンプルなバーを添えてサポート

ダイニング側から取りだしやすい、対面キッチン上に作られた鉄の棚受けのオープンな吊り棚。茶器と缶たちが絵になります。棚受けと合わせた細い鉄のハンガーバーを棚の手前に立てて取り付けることで、見た目を遮らず、落下を防止。

この事例についての記事を読む>

case3

適材適所な壁面収納。こだわりの家事道具を、飾るようにバーに並べて

掃除道具、植物用の水やりのスプレーは、パッと使いやすい位置にあって欲しいもの。壁の隙間にバーをつければ、場所を取らない収納場所に。見た目にもこだわったアイテムを揃えれば、出しっぱなしOK、使った後はすぐに戻せて、整理整頓もスマートに両立できそうです。

この事例についての記事を読む>

case4

和室の長押の上をギャラリーに。長いバーに好きなビジュアルを立て掛けて

浅い棚板とバーをセットで壁面につければ、好きなカバーの本や雑誌、レコードを立て掛けて見せることができます。和室の場合、上部の長押が棚板代わりに。バーの幅を長くすれば、フレキシブルに色々なものも飾ることができますね。

この事例についての記事を読む>

このテーマに関する商品たち

ハンガーバー

長さをオーダーできるハンガーバーです。素材は鉄、真鍮、ステンレスの3種類。太さは2サイズ展開。空間に応じて長さ、太さと素材を選べます。