パフェと内装を味わう夜時間

写真を送ってくれたのは、事例Pin-upでもお馴染みの、店舗内装を営む「モンキースタジオ」さん。今回も素敵な事例だなと思っていましたが、なんと、今回は自分のお店だそうです!
内装業のプロが作った飲食店。
パフェも本格的ですが、居心地の良さも間違いありません。

使ってくれた商品はカウンターの明かりを作る「工業系レセップ」と「ミラーLED電球」。
照明同士を露出配管でつなぎ、パンチングメタルの荒々しさとマッチします。
また、電球にミラーLED電球を使うことで壁に明かりがうつり「夜」のパフェ屋にふさわしい演出がされています。

パフェと内装を味わう夜時間1

小上がりの座敷スペースには「ラスオークフローリング」とテーブルの仕上げに「ウッドウォールパネル」。
壁材として使われることが多いウッドウォールパネルですが、テーブルの仕上げとしてもこんなに素敵なんですね。

パフェと内装を味わう夜時間3

最後は入り口のポイントとして「古木タイル」。
パフェ屋と聞くと私には可愛いイメージがあるのですが、お店の外観から大人のためのパフェ屋という雰囲気が伝わってきます。

お店は北海道札幌市にあります。
私は東京に住んでるのでなかなか行けませんが、夜パフェはぜひ食してみたい…。
サイトには食べたくなるパフェの写真がたくさん載っていますので、興味ある方はぜひ覗いてみてください!

(梅川)

  • 写真の「工業系レセップ」は仕様変更前のものです。

「パフェラッチョ ぷ」
https://www.pafelattjo.com/about

有限会社モンキースタジオ

北海道の店舗設計施工会社 飲食・物販・オフィス等 その中でも特に美容室を得意としています。