メールで届いた事例写真を拝見して、ピンときました。

こちらのお客様がtoolboxショールームにいらっしゃったのは昨年の初夏でした。大学ノートに鉛筆でびっしり書き込まれたラフスケッチ、寸法、自問自答の跡。

ご自宅新築中、念願の書斎に置くデスクとテレビ台に確たるイメージがあったようで、ノートを開きながら

「ここはL字で、キャビネットをかませて……」

「できればデスクにも繋げられるような、同じ感じのテレビ台がよくて……」

「テレビ台の下にちょっとした機材を置きたいから棚がほしいんだけど……」

「棚板も奥行きが違うと面白いと思うんだけど……」

たくさんの思いを伝えていただきました。あれから半年。

天板は時間経過とともにどんどん深みが増すブラックチェリー材(フリーカット無垢材
↑こちらのテーブル脚は他社様の商品だそうです、お役に立てずごめんなさい><

あのお客様の妄想がしっかり実現されている事例写真を見て、あの方だ!とすぐに思い出せたのです。

テレビ台は角パイプフレーム脚にオプションの脚つなぎ材(H型)を利用し、サイズに合わせたフリーカット無垢材(ブラックチェリー)を製作、現場で取り付けていただきました。

本来、揺れ防止用としての補強材なので、重量やバランスを考えてご利用いただくことをお勧めいたします。

toolboxの商品として、できること、できないこと、少し譲歩すればできること、をお伝えしながら、お客様の「じゃぁこうしよう」と形にしていく作業を見守るのは大変幸せです。

家具以外にも要所でご採用いただきました。

ベランダに美しく収まったミニマルシンク (壁付け W600×D500)。

整理されたキッチンに計算されたサイズのオーダーマルチバー(φ12 ステンレス D50 サイズオーダー)。

大学ノートとともに考え抜いた自邸建築、実現となりおめでとうございます!

(豊田)

関連する事例記事

「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
「リメイク」なリノベーションで“既存内装”と眺めを活かした空間
既存の間取りや内装をなるべく壊さずに、“素材”として活かしてリノベーションしてみたら?ツールボックス工事班が取り組んだ実験空間『studyroom#1』をご紹介します。
自然を求めて移住、山や庭に開いて暮らす家
自然を求めて移住、山や庭に開いて暮らす家
都心に近い自然のある環境を探し、神奈川県相模原市の西端にある藤野という集落に移住。自然の中で子育てをしたい、畑をしたい、大きな犬を飼いたい、そんな理想の暮らしを実現したご家族のお家を紹介します。
「掃除が嫌い」だからこそ生まれた、“自分と猫の快適”を突き詰めたミニマル空間
「掃除が嫌い」だからこそ生まれた、“自分と猫の快適”を突き詰めたミニマル空間
愛猫と暮らす40代の男性がリノベーションした57㎡1LDKの住まいには、「掃除が嫌い」だからこその簡単にキレイを保てる工夫がたくさん盛り込まれていました。
古き良きのその先に
古き良きのその先に
ツールボックス工事班が工事を担当した、古き良き趣を守りつつ、住みやすさをアップデートした賃貸マンションのリフォーム事例です。