ぎゅっと両サイドをはさまれた茶色のビル。窓際の照明たちがなにやら新しくなった気配を感じさせてくれます。(撮影:中村晃)

再開発ですっかり景色の変わった東京・虎ノ門エリア。

エリアのシンボルにもなっている虎の門ヒルズのグリーンを借景とするような、5階建ての築古一棟ビル。

いつもお世話になっている工務店ルーヴィスがカリアゲて、賃貸オフィスビルに改装した事例です。

ドキドキするほど狭い入口からお邪魔します。(撮影:中村晃)

いわゆるエレ無し(エレベーター無し)物件で、ワンフロア約60㎡のオフィス×3フロア、最上階のみ住居仕様。

最上階は、別の記事でご紹介するとして、がんばってのぼりきった4階からご紹介してきましょう。

撮影:中村晃

扉を開けると、どーんと広がるワンフロア。

手前に大きなキッチンカウンターがあり、その先がフローリングの執務スペース。

何年も使い込んできたような色褪せた渋い色味が特徴の『燻蒸フローリング』を使っていただきました。

工事中から建築事務所が借りることが決まったので、壁一面に大きな本棚が。(撮影:中村晃)

この渋い色味が『燻蒸フローリング』の魅力。(撮影:中村晃)

逆サイドからも。(撮影:中村晃)

これまで、同じオーク材でももっとカジュアルな雰囲気を持つ『ラスオークフローリング』は、よく使ってもらっていたのですが、お初の『燻蒸フローリング』の感想、設計と現場監理を担当した渡邉もえさんに聞いてみました。

「色味が絶妙で空間がグッと締まるというか、もっと色の強いフローリングも色々ありますが、それに張っていけるぐらいの存在感のあるフローリングって感じがしました!あとあの風合いで、幅の広いフローリングを選べるのがいいなぁと思いました。」

目の肥えたプロからの感想が嬉しい!

さて、お次は、下の3階へ。間取りは同じなんですが、床の材は、無塗装のような白っぽい表情が魅力の『スティルオークフローリング』を採用いただきました。

いざ、オープン!

朝の静かな空気感が似合う、さわやかな仕様。(撮影:中村晃)