再開発ですっかり景色の変わった東京・虎ノ門エリア。
エリアのシンボルにもなっている虎の門ヒルズのグリーンを借景とするような、5階建ての築古一棟ビル。
いつもお世話になっている工務店ルーヴィスがカリアゲて、賃貸オフィスビルに改装した事例です。

ぎゅっと両サイドをはさまれた茶色のビル。窓際の照明たちがなにやら新しくなった気配を感じさせてくれます
ぎゅっと両サイドをはさまれた茶色のビル。窓際の照明たちがなにやら新しくなった気配を感じさせてくれます
ドキドキするほど狭い入口からお邪魔します
ドキドキするほど狭い入口からお邪魔します

いわゆるエレ無し(エレベーター無し)物件で、ワンフロア約60㎡のオフィス×3フロア、最上階のみ住居仕様。
最上階は、別の記事でご紹介するとして、がんばってのぼりきった4階からご紹介してきましょう。

扉を開けると、どーんと広がるワンフロア。
手前に大きなキッチンカウンターがあり、その先がフローリングの執務スペース。

何年も使い込んできたような色褪せた渋い色味が特徴の『燻蒸フローリング』を使っていただきました。

工事中から建築事務所が借りることが決まったので、壁一面に大きな本棚が
工事中から建築事務所が借りることが決まったので、壁一面に大きな本棚が
この渋い色味が『燻蒸フローリング』の魅力
この渋い色味が『燻蒸フローリング』の魅力
逆サイドからも
逆サイドからも

これまで、同じオーク材でももっとカジュアルな雰囲気を持つ『ラスオークフローリング』は、よく使ってもらっていたのですが、お初の『燻蒸フローリング』の感想、設計と現場監理を担当した渡邉もえさんに聞いてみました。

「色味が絶妙で空間がグッと締まるというか、もっと色の強いフローリングも色々ありますが、それに張っていけるぐらいの存在感のあるフローリングって感じがしました!あとあの風合いで、幅の広いフローリングを選べるのがいいなぁと思いました。」

目の肥えたプロからの感想が嬉しい!

さて、お次は、下の3階へ。間取りは同じなんですが、床の材は、無塗装のような白っぽい表情が魅力の『スティルオークフローリング』を採用いただきました。

いざ、オープン!

朝の静かな空気感が似合う、さわやかな仕様
朝の静かな空気感が似合う、さわやかな仕様
正面の窓の先のグリーン、これなんと虎ノ門ヒルズの植栽なんです
正面の窓の先のグリーン、これなんと虎ノ門ヒルズの植栽なんです
キッチンは壁付けコンパクト仕様。この全体の爽やかな空気感がいい
キッチンは壁付けコンパクト仕様。この全体の爽やかな空気感がいい
棚もグレーでまとめて。柔らかい雰囲気に仕上がっています
棚もグレーでまとめて。柔らかい雰囲気に仕上がっています

「スティルオークフローリングの方も、ナチュラルすぎないというか、大人ナチュラルって感じですよね。若干のワイルド感もあるし、白い空間にも主張しすぎず馴染むというか。またお客さんにおすすめしたいなと思います。」

とのことで、これまた嬉しい感想ありがとうございます。
そう、『スティルオークフローリング』は、木目の個体差、微妙な色ムラなど、全く純粋無垢ではないニュアンス感がいいのです。古ビルゆえの、シャープな直線はでない白壁の微妙なニュアンスを引き立ててくれます

階段のどっしりした木の手摺りがいい感じです
階段のどっしりした木の手摺りがいい感じです

そして最後は、2階へ。こちらは、フローリングを貼らず、あの「モルタルンバ」(正式サービス名は『床研磨サービス』です!)出動でPタイルを剥した状態とのこと。
厳密に言うと、『床研磨サービス』の施工パートナーはルーヴィスなので、今回は、自己完結施工(笑)!

「モルタルンバ」というキャッチコピーを輝かせるため商品ページ内に埋込まれた、軽やかに踊る商品サービス動画もぜひ合わせてご覧ください。

さぁ、実際どうなったのか、見てみましょう。

柔らかい3階からのギャップ激しいハード系。左の壁が気になります
柔らかい3階からのギャップ激しいハード系。左の壁が気になります
ツートンの壁。上は元からの仕上げを撤去し、下は「びしゃん仕上げ」で
ツートンの壁。上は元からの仕上げを撤去し、下は「びしゃん仕上げ」で
スッキリ仕上げられた白壁と、ツートン壁の素材の差がたまりません
スッキリ仕上げられた白壁と、ツートン壁の素材の差がたまりません
照明がつくとこんな感じ。面白いテナントさんが入ることに期待!
照明がつくとこんな感じ。面白いテナントさんが入ることに期待!

いかがでしたでしょうか。
実は、こちらのオフィスビル。同じ間取りで『燻蒸フローリング』と『スティルオークフローリング』を比較して撮れるいい機会と、商品ページの撮影でも使わせていただきました。

どちらも、それを貼るだけで、欲しい空気感を作り出してくれる、ありそうでなかったフローリングです。

虎ノ門ヒルズを見上げるこのロケーション!オフィス来客者へのいい目印になりそうな袖看板が目印
虎ノ門ヒルズを見上げるこのロケーション!オフィス来客者へのいい目印になりそうな袖看板が目印

袖看板がものすごく気になった昭和レトロなレストラン「ボリューム」は、ビルの地下にある周辺サラリーマンの愛される定食屋さん。その名の通り、ボリュームたっぷり。昭和の歌姫、美空ひばりさんのポスターを見ながら、ランチをいただいてきました。

こちらの各階オフィス、4階以外は近々東京R不動産で募集開始とのこと。気になる方は、お問い合わせください。
ありがとうございました!

 撮影:中村晃 (最後の写真は除く)

(来生)

株式会社ルーヴィス

古い建物を活用し、既存のいい部分は活かしながら「懐かしい新しさ」に変化させるリノベーションを行っています。
toolboxでも初期からお世話になっている施工パートナーです。

※お住まいになりながらの改修工事はお受けできません。

住所:神奈川県横浜市南区高根町3-17-3 メトロ阪東橋駅前7F・8F
URL:https://www.roovice.com/

使われている商品