「こうあるべき」を乗り越え手に入れた、今の自分に正直な暮らし Vol.3

「こうあるべき」を乗り越え手に入れた、今の自分に正直な暮らし Vol.3

白基調とした明るい内装はそのまま活かし、カーペットだった床だけを「チェッカーパーケット」に。細かな寄木の表情が温かみを感じます。

「こうあるべき」を乗り越え手に入れた、今の自分に正直な暮らし Vol.3

使用アイテム情報

フローリング・床材|パーケット・ヘリンボーン|キッチン|キッチンパネル

toolboxで買えるアイテム

関連する記事

賃貸、だけどお金をかけてリノベーション! お部屋の古さを上手に活かし、今の自分が一番心地よい選択を重ねて形にした高山さん。インテリアへの苦手意識を取り払い、楽しんだ家づくりの過程をインタビューしてきました。

寝室の事例写真