森下のワークスペース/note architects vol.2

posted by note architects photo by Akira Nakamura

森下のワークスペース/note architects vol.2

右側の壁はガルバリウム鋼板、左側の壁はフレキシブルボード。屋外に使われるようなマテリアルを内装に使ったオフィス空間。

森下のワークスペース/note architects vol.2

使用アイテム情報

フローリング・床材|畳・その他

既存モルタル床

内装壁材

右壁/ガルバリウム鋼板「ガルスパンSEi F」ネオホワイト(アイジー工業)
左壁/フレキシブルボード「チヨダオートフレキ」t=6(チヨダウーテ)+クリアラッカー

テーブル・デスク|テーブル・デスク本体

カラマツ合板 t=30+オイルステインで造作

照明・スイッチ|ペンダント・シーリング

ノルマントン ペンダントライト LT-1862-64(INTERFORM INC.)

プロジェクト情報

森下のワークスペース/note architects vol.5
森下のワークスペース/note architects vol.4
森下のワークスペース/note architects vol.3
森下のワークスペース/note architects vol.1
所在地

東京都江東区

物件種別

オフィス

建物竣工年

2020年12月

設計

note architects 鎌松 亮

施工

TK株式会社

プロ情報

note architects
鎌松 亮が主宰する設計事務所。「環境的なもの」「社会的なもの」「お客様に関わるもの」建築における3つの大きな文脈を読み解き、本質を形にすることで、“その場所だからできる建築”の実現を目指しています。
10|10