ログイン 新規登録
清澄長屋/note architects Vol.10

posted by note architectsPhotography by Hiroki Kawata

市松貼りにしたフローリングが空間をさりげなく飾る玄関。天井高さを生かして、床下を下足入れにするのがアイデア。

使用アイテム情報

フローリング・床材 |畳・その他

モルタル金ゴテ

フローリング・床材 |パーケット・ヘリンボーン

「バーチER」クリアコート塗装品(東京工営)市松貼り

塗料 |室内壁塗料

エマルションペイント塗装

照明・スイッチ |ペンダント・シーリング

品番:pl-280(Handle)

プロジェクト情報

清澄長屋

用途/住宅
所在地/東京都江東区
リノベーション完了年/2021年9月
設計/note architects 鎌松亮
施工/有限会社岩木屋木工
協力/新井真知子

Photography by Hiroki Kawata

このプロジェクトの他のイメージ
note architects
鎌松 亮が主宰する設計事務所。「環境的なもの」「社会的なもの」「お客様に関わるもの」建築における3つの大きな文脈を読み解き、本質を形にすることで、“その場所だからできる建築”の実現を目指しています。
住所:東京都江東区三好2-6-10 NAGAYA清澄白河
URL:https://note-arch.com

フローリング・床材のイメージ一覧