No Image

toolboxでは、商品を使ってくれたり、設計のアイデアを提供してくれる全国の家づくりのプロを「pro list(プロリスト)」で紹介しています。

プロリストでは、私たちがいろんな角度からプロの長所や得意技を見つけて該当するユニークタグを付けています。

なぜユニークタグで深掘りをしていくかの詳細は、初回コラム「家をつくるパートナーはユニークに探すべし!」をご覧ください。

今回はそのユニークタグの一つ、「戸建リノベ」を深掘りします。

中古戸建ての構造体や躯体を活かしつつ、必要な部分に補強をすることで建物自体の性能向上を計り、また自分好みの内装・外装に作り替えることで建物に新たな価値を生み出すリノベーションのことです。

庭付きの一戸建てが欲しい。そんな憧れのマイホームといえば「新築戸建」を思い浮かべませんか?でも、庭付き戸建ての選択肢はそれだけではないんです。

実際、住宅展示場に足を運んだり、ネットで探し始めたりすると、自分が思っている以上に予算とできることに限界があることに気付かされます。手の届きやすい建売住宅を見にいくと、ピカピカの材料の質感がなんだか無機質に感じて味気ない。間取りも、自分だったら部屋数は少なくして一部屋を広々と使いたい。注文住宅であればやりたいことは叶いそうだけど、予算オーバーになってしまう。

そんなときに、新築だけではない選択肢にあがってくるのが「戸建リノベ」です。

こだわりが実現できなくて悩んでる方、戸建リノベに馴染みのない方、中古物件に戸惑いがある方、ぜひ戸建リノベの良さをここでチェックしてください。むしろ、既存の建物をそのまま手直しして住み続ける方が経年の味わいがあって自分好み、なんて新しい発見をする方も出てくるのでは?

今回「戸建リノベ」を得意としている『チエノマさん』に、実際にお話を伺ってきました!

チエノマさんってどんな会社?

大阪駅から電車で10分くらいの大阪市内にあるチエノマさん。戸建・マンションなど中古住宅のリノベーションサービスを行っている工務店です。

スタッフは少数精鋭の5名。

お客様の理想を形にしたい!と、サービス精神旺盛なスタッフばかり(たまに頑張りすぎてしまうことも・・・)。実際一つ一つのご要望を叶えるために、カスタマイズで仕上げていくことがほとんどだそうで、希望通りのものが見つからなければ、板金屋さんと一緒に一から作ってしまうんだとか。「ないものは作ればいい」をモットーに掲げるほどです。

No Image

代表の弓場さん(右)と営業の横山さん(左)。横山さんは前職で自動販売機にジュースを入れる営業をされてたんだとか。

そんなチエノマさんが得意としているのが「戸建リノベ」。

マンションリノベと違い、工事範囲が外壁や屋根などの外装までに及びます。また現場ごとに構造や劣化具合が異なるためマニュアル通りの対応ができず、熟練したスキルと現場対応力が求められます。

では手間のかかる戸建てのリノベーションを、なぜ得意にしているのでしょうか。

実はチエノマさん、リノベーション事業を始める前はリフォーム会社だったそうで、特に戸建てのリフォームのご依頼が7割ほどを占めていたそうです。その時から想定外の現場でも柔軟に対応していくため自社で職人を抱え、大きな会社では難しい小回りのきく体制を独自に築き上げてきました。

No Image

外壁塗装を職人総勢で見守っています。

戸建リフォームの経験と息のあった職人メンバーが強みとなり、現在は設備交換といった単純な修繕工事だけではなく、初めて住宅を購入する人が欲しくなる戸建てのリノベーションを提供しています。

それではここから「戸建リノベ」の魅力を深掘りしていきます!

注文住宅と同じ「自由」をリーズナブルに手にできる

こちらは、築50年の中古戸建てをリノベーションした事例です。

No Image

Before ベランダ、玄関周りやカーポート、昔ながらの木造住宅を連想させる佇まい。

No Image

After 屋根を取り替え、外壁も塗り直しウッドデッキも新設。築年数を全く感じません。

中古物件を見た時の最初の衝撃は、キッチンがカビていたり、床がめくり上がっていたり、思い描いた理想とほど遠く、本当に住めるのかしらと不安に感じてしまうかもしれません。

でも、心配はいりいません。

フルスケルトンにすれば内装は新しい材料や設備に入れ変わり、使えるものを再利用すればコストダウンに繋がり、無駄な廃棄もなくなります。

No Image

Before 年季の入った畳。細かく区切られ閉鎖的な印象がし、住みたいだなんて到底思えません、、

No Image

After 壁を取り払い、新しく対面キッチンを入れて料理好きに嬉しい開放的なリビングダイニングに。

戸建リノベは、中古住宅の下地や柱などをそのまま使用していくため、建物自体の価格を抑えることができ、その分やりたいことにお金を回して自分のこだわりを実現することができます。また家の形が最初からわかっていることも魅力的です。

良いところは残して好きじゃないところは変えていける。形が見えているからアイデアが膨らみ、具体的に考えられます。

間取りプランや内装のデザインはもちろん、屋根や外壁、サッシなど外観も変えられるので、基本的に注文住宅のように自分の暮らしに合わせてプランが可能。もちろん予算に応じてですが、お金をかけるところとかけないところを調整していけるので、自分の好みでまとめていく自由度があります。

材料は自分の好みを指定

使用する材料も、決まったラインナップの中から選ぶのではなく、自分の好きなパーツを使用することができます。

チエノマさんはオリジナルの建具や収納を作っているので、既製品にありがちな、もう少しサイズが大きかったら、もう少し色味が濃かったら、といった「もう少し○○だったら」がありません。ガラスも好きな柄で選べたり、自分の家にあったサイズ、素材、雰囲気に合わせて選ぶことができます。

No Image

オリジナル建具をお客様ごとオーダーメイドで製作。

そして最も特徴的なのが、特殊塗装。チエノマさんには、塗装を自在に操る女性職人さんがいるのです!

だから、普通は店舗などで使われるパテ造形やコンクリート塗装といった手触り感のある特殊塗装を、できる限りコストを抑えながら住宅でも取り入れてもらえるのです。

No Image

チエノマさんが行うDIY教室でも活躍する塗装職人さん。

No Image

仕上がりはこちら。強く主張しすぎないバランスがちょうどいい。

また、壁以外にも、扉のエイジング塗装をドアノブや兆番の風合いに合わせて施したりと塗装のバリエーションが非常に豊富です。

こういった独自で提供してるサービスがあると、家づくりのパートナー選びをする際のポイントになりますよね。

自分たちの手で作る、だから長く大事に住み続けたい

チエノマさんの戸建リノベでは、工事途中に自分たちで「作る」ステップを加えることができます。

その思いは、工事コストを抑えるためではありますが、実はそれ以上に「家族みんなで家づくりをしている」ことを、大事な思い出にしてもらいたいからだそうです。

新築だと全てがピカピカで新しい状態なので「失敗したらどうしよう・・・」なんて慎重になってしまいますが、中古住宅の場合はちょっとのミスもまたご愛嬌。「多少失敗してもまた塗れば大丈夫」なんて気楽に楽しめるのもいいところです。

単にDIYと言ってしまうと安っぽくなってしまう不安がありますが、チエノマさんがおすすめの塗料を用意し、職人がサポートをしながら、プロ並の出来を家族みんなで目指していくそうです。

No Image

仕上がりの良さと使いやすさで選び抜かれた塗料たち。

さらに、住み始めた後も手を加えやすいように考えてくれるのが、チエノマさんです。例えば壁の仕上げをクロスではなく塗装にしておくことで、子供が汚してしまっても一緒に塗り直していくことができたり、子供の成長とともに想定されるであろう場所に事前に下地を入れておくことで、あとから家族で棚を付け足すことができたりと、子供との共育も考えた暮らし方を提案しています。

お話しを伺っていて、「自分たちで仕上げていけるお家」は、長く住み続けたいと思える家になっていくような気がしました。

No Image

「遊び」ながら塗るのも楽しい思い出の一つ。

こだわりがある!古さを活かしたい!そんな方に「戸建リノベ」

限られた予算だけど、注文住宅と同じように自由にプランニングをしたい。ピカピカより味わいある雰囲気が好き。手を掛けて家を育てていきたい。

そんな方には、「戸建リノベ」のユニークタグでプロを探すのがおすすめです。

戸建リノベと一口にいっても、チエノマさんのように独自のサービスに取り組んでいるプロが他にもたくさんいます。リノベに向いた面白い戸建て物件を教えてくれたり、豊富な経験から予想だにしないワクワクする提案をしてくれたり、やりたいことにとことん付き合ってくれたり、会社によって得意分野はさまざま。

自分の欲求と向き合いながらユニークタグを辿って、相性の良いパートナーをぜひ見つけてみてください!

チエノマ株式会社

「つくるのは愛着」をテーマに、他にはないオリジナルの家づくりを提案するリノベーションアイデアチーム。
既製品にはない暖かみのある造作パーツ(洗面台・建具・収納家具)は標準プランに。

大阪を中心に、リノベーション向きの家探しから、プラン設計・施工・アフターメンテナンス・DIY教室までトータルサポートします。

関連記事

家づくりのスタートラインでは、デザインや工事内容、予算感など、わからないことだらけ。この連載では、そんな不安を取り除き、楽しく家づくりを進めていくための、自分にあったプロの見つけ方をお届けしていきます。
たくさんのプロの中から、相性のいい会社を探し出す作業は、なかなか大変なことですよね。空間づくりのプロとの出会いをサポートするために、toolboxでは「プロリスト」というコーナーでプロを紹介しています。この連載では「プロリスト」の特徴である、各プロの長所や特徴を表す“ユニークタグ”を切り口に、全国のプロたちをインタビュー。今回は「築古得意」な宮田一彦アトリエの宮田一彦さんをご紹介します。