ログイン
アカウントをお持ちの方
アカウントをお持ちでないの方
新規登録
お気に入り カートを見る サンプル請求
STORE
IMAGEBOX
木のドアノブ
ドアの印象を変えるノブ
商品名:

木のドアノブ

タモの無垢材から削り出してつくられた、木製のドアノブです。握り心地が良く、ドアをぬくもりのある印象に変えてくれます。

購入はこちら
白いドアにひとつ付いているだけでドア全体の印象を変えてしまうドアノブ

白いドアにひとつ付いているだけでドア全体の印象を変えてしまうドアノブ

シナ合板のドアに合わせるとシンプルに馴染む

シナ合板のドアに合わせるとシンプルに馴染む

無垢材から削り出したままのテクスチャー

無垢材から削り出したままのテクスチャー

 ありそうでなかった木のドアノブ

毎日のように触れる部分なのに、金属ばかりが選択肢となるドアノブ。探してみると木製のドアノブというのがないわけではありません。ただ、ツヤツヤのコーティング塗装が施されて、求めている「木らしさ」は乏しいものでした。

無垢の木を使った、手触りが心地よいノブがないものかと思っていたところ、「木のつまみ」をデザインしたCamp Designの藤田雄介さんが新たにデザイン開発してくれました。

その名も「木のドアノブ」。
タモの無垢材から削り出したそのままの雰囲気で、木の素朴さとゴロッとした形状が特徴のドアノブです。

シンプルなドアに合わせる

リノベーションの現場やこだわりの空間づくりのときには、ドアは家ごとに空間に合わせて作るのがほとんど。そのため工事金額の中で、意外と割合を占めるのがドアです。

インテリア性を確保するための重要なポジションになるので、空間に合わせたデザインや素材のドアで統一したいところですが、数量がある分なかなかすべてのドアにこだわるのは難しいもの。
結局、壁の色に合わせて白く塗装したドアかシナ合板という木材を使ったドアになることが多く、さらに減額が必要だとポリ合板を使ったドアとしてしまうこともあるのですが、そんなときにおすすめしたいのが今回ご紹介する「木のドアノブ」です。

このドアノブひとつを付けるだけで、ただの白いドアを木のドアと思わせてしまうような、ドアの印象をガラリと変えてしまう存在感を持っています。例えるなら、白いTシャツに気の利いたアクセサリーひとつを着けるだけで素敵に見えるような、そんな感覚です。

一方、シナ合板など木目のドアの場合には、ドアと馴染んで木ならではの雰囲気を損ねません。合わせるドアの素材によって、目立ったり馴染んだりするドアノブなのです。

取り入れ方

取り付けは工務店さんや建具屋さんにお願いして、このドアノブに合わせてドアをつくってもらうようにしてください。

ドアの厚さは33〜37mm厚に対応しています。ドアの内部に仕込む「ケース」と呼ばれる、ノブを回転させる機構部分もセットになっています。このドアノブに合わせたケースなので、既に付いているドアノブの交換には適しません。オプションにてカギ(表示錠や間仕切錠)も用意しているので、トイレなどにもご利用いただけます。

握って育てる

表面の仕上げには蜜蝋ワックスを使っています。木本来の魅力を最大限に生かす仕上げ方で、手触りも温かく木そのままの質感を楽しむことができます。

使っていくと経年変化でゆっくりと変色していき、表面は手の摩擦で滑らかに。長年使いこむことで、味わい深いドアノブを目指すことができます。

これまでのドアノブになかった木の優しい感触が、家の中での日々の動作にささやかな喜びを与えてくれるはず。握るたびにアンティーク家具のように味わいを増していき、一緒に歳を重ねることを楽しめるドアノブを、ぜひ暮らしの中に。

開発パートナー:Camp Design inc. 藤田雄介

(担当:荒川)

【木のドアノブ】の全1商品

木のドアノブ
タモ ワックス仕上
¥14,800
サイズ:外寸 - Φ58×D50〜52mm 対応扉厚 - 33〜37mm / バックセット - 50mm 素材:タモ(無垢材) 仕上:蜜蝋ワックス仕上 付属品:丸座2枚、専用角芯(回転軸材)、空錠ケース、ストライク
木のドアノブ タモ ワックス仕上