ログイン
アカウントをお持ちの方
アカウントをお持ちでないの方
新規登録
お気に入り カートを見る サンプル請求
STORE
IMAGEBOX
屋根に塗って涼しい
商品名:

屋根に塗ると断熱効果がえられる塗装です。 部屋の中の工事は不要。

購入はこちら
販売終了
この家の屋根に塗ってみました。

この家の屋根に塗ってみました。

構造材をあらわした天井。晴天の猛暑でも熱くありません。

構造材をあらわした天井。晴天の猛暑でも熱くありません。

見たところ普通の塗料ですが、輻射熱を減らしてくれます。

見たところ普通の塗料ですが、輻射熱を減らしてくれます。

訓練を受けた塗装屋さんが塗ります。

訓練を受けた塗装屋さんが塗ります。

この他の屋根にも塗れますご相談ください。

この他の屋根にも塗れますご相談ください。

目には見えませんが

夏の暑さ、冬の寒さ、うまく凌ぎたいものです。しかし、ただ空調を強くするだけでは能がありません。お金はかかるし、地球にもよろしくない。

目には見えなくても、部屋の温度はインテリアの重要な要素です。そこにいて美しい空間だと思えるのも、気持ちよい空気環境が整ってこそ。

この塗料、見えない屋根の上で、しっかりといいシゴトをしてくれます。一度塗ってしまえば、スイッチを入れることもお金を払い続けることもなく、気持ちよい室内を保ってくれるのです。

これらの製品は、いろいろな説明資料を見ても効果の程はなかなか信じられないもの。そこで実際に施工してみました。夏の日差しを受けた塗装前の屋根は触っていられない程の熱さでしたが、塗った後は手で触っても少し温かい程度でした。部屋内側で屋根の直下にある素材ではほとんど熱を感じません。冬の効果もあります。トタン屋根が内側から見える作業ガレージに塗ったところ、毎年発生していた天井の結露が無くなったとのこと。

-3度までは外の冷たさを伝えにくくする効果が確認されているそうです。

色は黒と透明以外で自由に選べます。塗れる素材は金属葺き、スレート葺き、コンクリート、モルタルと幅広く、街で見かけるほとんどの屋根に塗れそうです。みんなで塗れば街がヒートアイランド現象から開放されるかもしれません。

肌で感じる

夏場、気温はエアコンの設定通りなのに、どうにも寝苦しいことってありますよね。日焼けのせい?いえ、これは「輻射熱」のせいです。昼間暖められた建物の材料から熱が放射されているのです。人の肌はこの熱を感じます。なので、気温が下がっていても熱く感じるのです。この塗料を塗ると天井が暖まりにくくなるので、こうした嫌な熱さからの開放も期待できます。この快適さは温度計で気温を見て確かめるというよりも、肌で感じるものといえます。

反射ではなく熱変換

実は断熱塗料というのはいろいろなものが出ています。それらのほとんどは光(つまり熱)の反射を利用したもので、これらは夏に効果を発揮しますが、表面が汚れてくると光を反射しにくくなり効果が弱くなるのが弱点です。一方、この塗料は分子レベルで熱が運動に変換される熱変換作用を利用しているため、汚れがついても効果が変わりません。さらに冬にも効果があります。この塗膜の寿命の目安は約10年ですから、比較的長持ちといえます。

開発パートナー:ハットリ工業

(担当:miyabe)

【】の全0商品