ログイン
アカウントをお持ちの方
アカウントをお持ちでないの方
新規登録
お気に入り カートを見る サンプル請求
STORE
IMAGEBOX
オークの挽き板
もったいないを建材に
商品名:

オークの挽き板

フローリングとなる前に捨てられるはずだったオーク材を、薄くスライスした板材です。 4mmと薄いので、壁面や建具の仕上げ材として最適です。

購入はこちら
フローリングになるはずだった板たち(写真は販売終了したオーク170)

フローリングになるはずだった板たち(写真は販売終了したオーク170)

適度な荒さを持つヨーロピアンオークです(写真は販売終了したオーク170)

適度な荒さを持つヨーロピアンオークです(写真は販売終了したオーク170)

クリアオイルを塗るだけでもオークの味わいがはっきりと(写真は販売終了したオーク170)

クリアオイルを塗るだけでもオークの味わいがはっきりと(写真は販売終了したオーク170)

オークは染色のしやすい材なので、お好みの色に着色しても良いでしょう(写真は販売終了したオーク170)

オークは染色のしやすい材なので、お好みの色に着色しても良いでしょう(写真は販売終了したオーク170)

捨てられて行くその前に

このオークの挽き板ですが、実は今まではゴミとして捨てられていました。
驚くなかれこの薄い板たちは、複合フローリングになる前の製材段階でフローリングとしては商品として使用できないと判断され、工場で捨てられていたものなのです。

そんな板たちですが、実際に手に取るとその表情は適度に荒く力強く、むしろ買ってでも使いたいと思わせるほどの魅力をもった材料でした。
と言うことでそんなもったいない板を一部を買い取り、販売させていただく運びとなりました。

薄さを利点に

もともと複合フローリングの表層に貼られる運命だったため、板の厚さは約4mmにスライスされています。この薄さ、壁面等の仕上げ材として使うには逆に扱いやすく、壁面での利用が有効じゃないかと思います。

壁に貼ってひなびた小屋風に見せたり、家具や建具に貼ってアクセントにしたり、キッチンカウンターの腰壁に、と様々なシーンで活躍してくれそうです。

オークは堅木なので、カッターでの切断はさすがに難しいと思いますが、薄くて加工がしやすいのでDIY建材としてもうってつけです。

とは言え製品ではありませんので

既述の通り、こちらは元々フローリングになるはずだったその製造工程ではじかれたものをそのまま仕入れていますので、「製品」として厳密なチェックを経たものではありません。言ってしまえば原木から挽いただけの単なる薄い板です。若干の狂いもあれば節の抜けもあります。表面も若干ですがザラザラしています。

ただ板の幅、長さ、厚みも均一ですし、壁に貼ったりする分には全く問題のない代物です。また、板としてのグレードが統一されていないが故に貼り上がりに適度なリズムが生まれて木を貼った感は満載です。

むしろこのザックリ感はきちんと製品化されたものでは手に入らないのがこの挽き板の魅力ですので、この「程度」をお求めだった方には朗報です。
是非この材料を引っさげて、自分だけのオリジナル事例を作ってみてください。
我こそが使いこなしてやる!という方求む!

この商品を使った事例「Pin-up」はこちら
この商品の施工ノウハウ「How to make」はこちら

(担当:ヒトスギ)

【オークの挽き板】の全2商品

オークの挽き板
オーク105
¥3,800/㎡
サイズ:W105(±5)×L950(±5)×T2.2mm 素材:オーク 仕上:無塗装/ノコ挽きのまま ㎡必要枚数:10枚 1ケース入数:34枚 備考:再利用品、非防火品
オークの挽き板 オーク105
オークの挽き板
オーク197
¥4,000/㎡
サイズ:W197×L925(±5)×T4mm 素材:オーク 仕上:無塗装、ノコ挽きのまま ㎡必要枚数:6枚 1ケース入数:19枚 備考:再利用品、非防火品
オークの挽き板 オーク197