ログイン
アカウントをお持ちの方
アカウントをお持ちでないの方
新規登録
お気に入り カートを見る サンプル請求
STORE
IMAGEBOX
ゆれる木漏れ日
商品名:

窓辺に掛けて空間を彩るエアプランツのカーテンです。

購入はこちら
販売終了
寂しかった窓辺が大変身。

寂しかった窓辺が大変身。

照明のシェードに引っ掛けてみました。

照明のシェードに引っ掛けてみました。

これでも生きた植物なんです。

これでも生きた植物なんです。

掛ける場所によってフックの形を工夫してみてください。

掛ける場所によってフックの形を工夫してみてください。

ただいま入浴中。2週間に一度のリフレッシュタイム。

ただいま入浴中。2週間に一度のリフレッシュタイム。

フックつけてみました。

エアプランツが目の前に現れたときから気になっていました。

テーブルの上に並んだエアプランツ達を見て、今まで見たことのないその植物にいろんな可能性があるような気がして。
ただ、これ、どうやって飾るの?と思ったとき、伸びた手を引っ込めたのを覚えています。

自然な飾り方を考えていたときに思いついたのが、いろんな場所に引っ掛けられるフックをつけること。
そのフックをカーテンレールの金具に通せば、たちまち木漏れ日溢れるカーテンに。照明に引っ掛ければ、素敵な影を落としてくれる植物のシェードに。
居間、キッチン、トイレやお風呂にいたるまで、引っ掛ける場所はいっぱいあります。
飾っているうちに、イメージがどんどん膨らんで、机に置くだけではない、いろんな楽しみ方ができますよ。

植物がちょっとだけ欲しいな、と思った時に、こんな軽いみどり、いかがでしょうか。

 

ほわほわした産毛の・・・

エアプランツ。ご存知の方も少なくないのでは?

エアプランツとは、土に植えなくても表面の産毛から空気中の水分を取り込む、その名の通り、空中植物です。野生では木に着生して成長します。

育て方も至って簡単です。

風通しのよい日向を好み、耐寒性があるので冬の窓辺でも大丈夫。水やりは2、3日に一度霧吹きし、2週間に一度は水に一晩浸けて保水します。その見た目とは違い、水浴びが大好きな植物です。肥料は特に必要ありませんが、水をあげても元気がないときは、液体肥料を希釈してスプレーします。

 

とりつけてみよう

フックは植物の色にあった麻ひもで固定されています。エアプランツカーテンでは根っこの茶色い部分を数本束ねて麻ひもで巻いています。
届いたらまず針金を曲げてフック状にします。カーテンレールの金具に通してから束をほぐし、その端っこの1本と隣の束の1本を絡めると横に繋がり、よりカーテンらしくなります。

 

じっくり気長に

育てるからには早く成長してほしいと思うのが親ごころ。
大きくなれば花を咲かせたりもします。
でもこのエアプランツ、思うように大きくなってくれないかもしれない植物なんです。
その代わり育てるのは本当に楽。

放っておいても子は育つ。気長にのんびり楽しんでいるうちに、いつの間にか大きくなっている、はずです。

開発パートナー:Geckou

(担当:チョウソカベ)

【】の全3商品