今回ご紹介するのは、『カウンターデスク』の事例。
『カウンターデスク』は両側に壁がある箇所へ設置することが多いのですが、
今回の事例は壁が片側にしかない箇所への設置でした。


壁のない側には脚を添えて施工しました。
天板は白で、小口も白に統一。
見た目もすっきりしていて美しく仕上がりました。


今回は片側が壁に取り付けられなかったので、より強度を確保するために、脚のほかに天板の下に幕板を入れる処理を施しています。
1本脚を取り付けつつも、『カウンターデスク』の魅力であるすっきりした足元空間が生まれました。


配線コード用の穴も造作。
配線コードのごちゃつきも避けられます。

壁から壁へ渡すロングカウンターの造作が多い『カウンターデスク』ですが、
こちらの事例のように、片側しか壁がない箇所への取り付けにも対応しています。
「そんなに長いカウンターじゃなくていい」「足元がすっきりしたデスクがほしい」という方、
こんなスタイルも可能ですので、ぜひ参考にしてください。

(シブヤ)

瀬尾商店

toolboxの初期から活動を共にしてくれている造作家具屋さん。
家具が専門でありながら、大工、タイルなど何でもオールマイティにこなしてくれる頼れる存在。
戸越では「瀬尾商店」という名の雑貨も買えるオーダー家具店を営んでいる。

住所:東京都品川区戸越1‐19‐18 TKビル1F
URL:http://seoshouten.jp/