ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
曲線と素材で彩る水平・垂直の空間

toolboxの商品をお使いいただいた事例写真を、
壁に“ピンナップ”していくようにご紹介します。

2019.07.17
プロ

曲線と素材で彩る水平・垂直の空間

設計事務所のオフィスに『ウェルラウンドシンク』をご採用いただきました。

今回ご紹介するのは、金沢に拠点を置き活動する設計事務所、SWAY DESIGNのオフィス。


オフィスは、団地風のつくりをした鉄筋コンクリート造3階建ての1階にあります。
SWAY DESIGNは、この建物全体のリノベーションも手がけました。


中に入ると広がるのは、外からは想像できない開放的なスキップフロア空間。
もともとは右側に見えるフロアの高さに床があり、
床下にスペースがあることがわかったため、
既存床を撤去して低いレベルに床を作り直したのだそう。


一番上のフロアは、現在はスタッフの休憩スペースとして使っているそうです。
打ち合わせスペースの奥に見える木のドアが、サニタリーの入り口。


オーソドックスな白い100角タイルで仕上げたサニタリー。
クラシカルな雰囲気を持つ『ウェルラウンドシンク フレーム450 壁付け』で、
ヨーロッパのアパートメントのような雰囲気を醸し出しています。
つや感のあるダークブラウンの楕円形ミラーもハマっています。


タイルがつくる水平垂直のラインと、
『ウェルラウンドシンク』とミラーの曲線のバランスが絶妙。


オフィスの内装というと、白壁にグレーのタイルカーペットがイメージされますが、
ベージュの壁やタイル床、濃いブラウンのフローリングなど、
SWAY DESIGNのオフィスの多彩な素材や色使いは、
住宅の設計も多く手がける設計事務所ならでは。
まるで家にいるようなリラックスした気分で仕事ができそうです。
photograph_イマデラガク(ハプト)

(サトウ)

 

株式会社 SWAY DESIGN

リノベーション、建築設計・監理、インテリアデザイン、不動産企画を行う一級建築士事務所。SWAYの名前の由来は「SUSTAINABLE WAY」。建物そのものはもちろん、不動産の所有の仕組みや住まい方、働き方も含めて、未来に持続可能な方法をデザインすることを活動指針にしている。物件の法的制約を調査する『カフカリサーチ』の建築調査担当や、建物の活用or解体を検討する『賛否解体』、空き家活用サービス『カリアゲ金沢』も運営。

住所: 石川県金沢市本多町1丁目5-5 本多町コーポ101号室
URL: http://sway-design.jp/

関連するPin-up記事

2019.10.01
プロ

塗装で魅せる

木製ミニマルキッチンを塗装でカスタムした事例のご紹介です。
2019.09.09

スッキリ無駄のない水回り

新築のご自宅にステンレスフレームキッチンを設置頂いた事例のご紹介です。
2019.08.07

小物からここちよい素材感を

メタルがポイントの商品を、インテリア各所にセレクトしていただきました。
2019.07.17
プロ

バーのような空間で恍惚のシャンプータイム

美容室に『木製ミニマルキッチン』をご採用いただいた事例です。
2019.07.01
プロ

曖昧に仕切る、空間の使い方

建築家の自邸でtoolboxを使いこなしていただきました。