ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
「オープンなのにスッキリ」な空間の秘密

toolboxの商品をお使いいただいた事例写真を、
壁に“ピンナップ”していくようにご紹介します。

2019.05.10
プロ

「オープンなのにスッキリ」な空間の秘密

本棚も靴も服もベッドルームも丸見え!なのに、スッキリ素敵に見えるのはなぜ…?秘密は“素材”にありました。

オープンな収納に、本や服、雑貨など、好きなモノを飾るように並べたい。そんな憧れを持っている方は多いのではないでしょうか?でも、きれいに見えるように維持するのが大変そう…という思いも。そんなジレンマを解決するヒントをくれるのが、今回ご紹介するお宅。

約70平方メートルのマンション住戸をリノベーションしたこちらのお宅。玄関を入ると出迎えるのは広い土間。自転車にアウトドアチェア、本がずらりと並んだ壁付けのシェルフ、コートや帽子が掛けられたハンガーラック。右奥にはクローゼットも見えます。


真ん中がくり抜かれたラワンの壁は…?と思って覗き込むと、中にはベッド!オープンな寝室に、オープンなクローゼット。完全に閉じることができる空間は、トイレと浴室しかないそうです。
 マンションの共用通路と玄関土間側に窓を開けたベッドルームは、上部もオープン。こもり感と開放感が同時に味わえる間仕切りのアイデアですね。

ベッドルームに出入りする側の上部には、〔アイアンハンガーパイプ〕のブラックを取り付けていただきました。布を掛けて目隠ししたり、小物を掛けて飾ったり。どんなふうに使われるのでしょうか?


横方向に抜け感があるLDK。キッチンの高さと壁のオープンシェルフの高さが揃っているので、水平に視界が広がるし、すっきり感の演出にもなっています。壁のシェルフの棚受けは、黒皮仕上げの鉄で作られた〔リングの棚受け〕。棚板はラワンの積層合板です。


こちらもラワンの積層合板で造作したキッチンは、ステンレス天板のラインがシャープです。吊棚はラワン合板の棚板を寸切りボルトで吊るしていて、ボルトを黒皮鉄風に塗装した丸パイプで隠しているそうです。モノの転落防止に使っているのは、〔ハンガーバー〕6φ 鉄です。


そろそろお気づきでしょう…。いろんなモノがオープンなのに、スッキリ見えるその秘密。それは、各所の素材と色味を統一していること!

ラワン合板で統一した造作物と、黒でまとめた各所の金物。配線ダクトレールやスポットライトも黒で揃えられ、壁は白とグレー、フローリングもオイル塗装したラワン合板の色味に揃っています。使う色味を絞っていることや、目線高さにモノが見えないように造作物をつくっていることも、「オープンな空間なのにスッキリ」が叶っている理由です。


リビングスペースの隅、グリーンが置かれたところは小さな土間になっています。上には〔アイアンハンガーパイプ〕が付けられていて、ここにもグリーンを吊るしたら家の中に庭があるようになりそうですね。

お気に入りのモノを愛でる暮らしと、スッキリした空間での暮らし。その両方を叶えるこんなアイデアがあるんだと、とても勉強になった事例でした。

こちらの事例の詳細は、imageboxでもご覧いただけます。

(サトウ)

ゼロリノベ(株式会社グルーブエージェント)


「大人を自由にする住まい」をコンセプトに、家を買うことで自由になる「家のさがし方」「家のつくり方」を提案するリノベーション会社。東京・神奈川・千葉・埼玉を中心に、資産性のある中古マンションの「物件さがし」から「リノベーションの設計・施工」までワンストップで提供しています。

住所: 東京都豊島区駒込1-2-7
URL: https://www.zerorenovation.com

関連するPin-up記事

2019.07.01
プロ

曖昧に仕切る、空間の使い方

建築家の自邸でtoolboxを使いこなしていただきました。
2019.06.29
プロ

色の魅力が伝わる無地という選択

滋賀の食材を中心とした和食を出してくださるお店「佳山 kasen」のキッチンに、メキシコタイルをお使いいただきました。
2019.06.24
プロ

手仕事が織りなす優雅な空間

洗練された上品な大人の空間をテーマにつくられた賃貸ワンルームの事例です。
2019.06.17
プロ

カスタムの極みとはこういうこと

キッチンのフレーム脚を特注で製作させていただきました。
2019.06.13

悩むを楽しむ自分施工

薪ストーブの背面に、表情豊かなチャイナブリックを使っていただきました。