ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
育てた床もお引越し

toolboxの商品をお使いいただいた事例写真を、
壁に“ピンナップ”していくようにご紹介します。

2018.02.02

育てた床もお引越し

無垢床タイルと一緒にお引越しをされたお客様の、事例写真をご紹介します。

床に愛着をもって育てた部屋」でご紹介させていただいた、『無垢床タイル』を2年間使ってくださったお客様。

そのお客様が先日、『無垢床タイル』と一緒にお引越しをされたそうです!
新しいお家ではどのように使ってくださっているのか大変気になるところ。
じっくり紹介したいと思います。

まずはリビングから。
以前のお家もそうでしたが、植物がたくさん飾られ、日の光が差し込む癒しの空間。
暖かい日は窓を開けて、そよ風を感じながら読書できたら最高だなぁ。
なんて、この写真だけで私は妄想が広がります。

気になる『無垢床タイル』ですが、市松模様のように敷かれています。


なぜこのように敷いているのかというと、
”2年間使ったもの”と、お引越しに合わせて”新しく買ったもの”とを混ぜて使っているため。

最初は全て塗装しようと思っていたそうですが、ちょうどお部屋の広さ的に半々で使えそうだったため、このような敷き方にされたそうです。
お客様も「珍しい使い方だと思います」と仰っていましたが、置くだけでいい、引越し先にも持っていける床材だからこそできることだなと感じました。

『無垢床タイル』を使う前のお部屋はこんな感じ。
たくさんの植物たちとお部屋に一体感が生まれるのは、やっぱり『無垢床タイル』のなせる技だなと思いました。

 

リビング以外に、キッチンや寝室にも『無垢床タイル』を使っていただきました。
リビングとキッチンはヒノキ。寝室にはスギをお使いいただいてます。

toolboxが送り届けた商品が、引越しというイベントを経ても使い続けてもらえるのはうれしいことです。
時間の経過による変化や、場所が変わるとどう見え方が変わるかの参考になる、とても素敵な事例写真でした。

前のお家ではどんな姿だったのか、過去の記事も良ければ合わせてご覧ください。

→2年前のブログ:「床に寝転がりたくなる部屋
→引越し前のブログ:「床に愛着をもって育てた部屋

(梅川)

関連するPin-up記事

2019.07.01
プロ

曖昧に仕切る、空間の使い方

建築家の自邸でtoolboxを使いこなしていただきました。
2019.06.29
プロ

色の魅力が伝わる無地という選択

滋賀の食材を中心とした和食を出してくださるお店「佳山 kasen」のキッチンに、メキシコタイルをお使いいただきました。
2019.06.24
プロ

手仕事が織りなす優雅な空間

洗練された上品な大人の空間をテーマにつくられた賃貸ワンルームの事例です。
2019.06.17
プロ

カスタムの極みとはこういうこと

キッチンのフレーム脚を特注で製作させていただきました。
2019.06.13

悩むを楽しむ自分施工

薪ストーブの背面に、表情豊かなチャイナブリックを使っていただきました。