【 夏季休業のお知らせ 】休業期間:8月11日(土)〜 8月19日(日) ※詳しくはこちら
【 夏季休業のお知らせ 】 ※詳しくはこちら
ログイン
アカウントをお持ちの方
アカウントをお持ちでないの方
新規登録
お気に入り カートを見る サンプル請求
STORE
IMAGEBOX
自分で編集してつくり上げる「納得の家」

toolboxの商品をお使いいただいた事例写真を、
壁に“ピンナップ”していくようにご紹介します。

2018.04.03
インタビュー

自分で編集してつくり上げる「納得の家」

自分で編集してつくり上げる「納得の家」

toolboxアイテムを取り入れた空間づくりの実例インタビューの第3弾!

空間づくりの際、お施主さん自身がフローリングやキッチンなどの素材やパーツを選ぶことはあると思うんですが、こちらのお宅は何と、間取りも施主自身がプランニング。toolboxのコンセプトである「自分の空間を自分で編集する」をまさに体現した事例なんです。

素材選びも間取りのプランニングも自分たちで

吉川和志さんと未来さんご夫妻は、結婚を機に東京・杉並区にある築43年のマンションを購入してリノベーション。実は和志さんは、今回が2度めの空間づくり。1度めは独身時代、toolboxのグループサイト「東京R不動産」で見つけた中古マンションを購入して、リノベーションしました。

「昔から東京R不動産のファンで、リノベーションに憧れていたんです。狭くて間取りの考えようがなかったこともあって、東京R不動産の人に紹介された内装屋さんと一緒に好きな素材を選んで、リノベーションしました。その過程がすごく楽しかったんです。今回も自分たちで素材を選んで空間づくりしたいと思い、1度目の内装屋さんに協力してもらいました」(和志さん)

今回、吉川さんご夫妻は間取りづくりにも挑戦!上の図は、プランニング途中の案。グラフィックデザイナーである未来さんがお仕事で使うソフトを使って作成しました。すごい!

「費用を抑える目的もあり、内装屋さんにはなるべく施工してもらうだけという形にしたかったんです。プランを内装屋さんに見せて、配管の位置の検討や現実的な寸法への落とし込みをやってもらい、工事費を確認しながらプランニングを進めていきました」(和志さん)

「自分仕様」な空間づくり 

LDKの床に使ったのは『ヴィンテージ加工フローリング ナチュラル189』。当初は、費用を抑えることを優先してより安いものを検討していたところ、toolboxのショールームでこちらのフローリングを気に入り、変更したのだそう。

「黒パテされた節の表情に一目惚れしたんです。費用がアップするので夫婦で揉めたんですが(笑)、広く面積を占める部分なので、気に入ったものにして良かったです」(未来さん)

リビングの一角に設けたワークスペースは、足元をすっきり見せたいという理由で、置き家具ではなくカウンターデスクに。天板は『フリーカット無垢材 ナラ(節・白太有)』。パソコンを置いた際に作業しやすい奥行きを検討し、造作してもらいました。

「1度目のリノベでは時間がなくてDIYできなかったので、今回はやりたかった」(和志さん)と、グレーの壁は夫婦で塗装。こうして一面だけ仕上げを変えてみると、空間にメリハリが出ますね。

洗面室の長いカウンターも、ワークスペースと同じ商品をお使いいただきました。下には棚や椅子を置くスペースもあって便利そう!カウンター脚や小物を置いた台の部分は、『ラワンの洗面ミラー』と同じラワン合板。『工業系レセップ ソケット01』と『水彩タイル (セラドン)』もグレー系でリンクしています。

かっこよく見せながらコストダウン 


キッチンの壁には『レトロエイジタイル オリーブ小口平』をセレクト。シンプルなキッチンは、『オーダーキッチン天板』と『テーブル脚』を組み合わせて作ったものです。

「『テーブル脚』はメッキも塗装も施されていないので、キッチンには不向き。でも僕たちは、錆びてもかっこいいかなと思って。最初は扉や引き出しを付けることも考えましたが、作り込むほどお金がかかるので、必要になったら作ろうと考え方を変えました。結果的に、オープンなほうが使い勝手に合わせてアレンジしやすくて気に入っています」(和志さん)

コストのためにあきらめるのではなく、コストを意識しながらも自分たちにとってベストなことを考える。そんな吉川さんご夫妻のスタンスは、「自分の空間を自分で編集する」空間づくりだからこそのことのように思いました。

コストダウンテクニックはほかにも。床は、既存の床の上に新たな仕上げ材を貼る「増し貼り」にして費用を抑えました。壁も、既存の壁を白く塗装し直すだけにしています。

寝室のクローゼットドアは既存利用。もともとは別の位置にあったクローゼットを解体し、新たに作ったクローゼットの間口をこのドアに合わせて取り付けました。入口のドアは『オーダーフラッシュアドア ラワン』で素材を揃えてコーディネート。

そしてこちら、ライティングレールに取り付けられているのはスポットライト…ではなく裸電球!使っているのは『ライティングレールプラグ E26ソケット(BK)』。全体を明るくするのが目的だったら、低コストなこの方法、オススメです。

真似したい!収納アイデア

さらに吉川邸で気になったのは、ちょっとしたことだけど使い勝手が断然変わる収納のアイデア。

ワークスペースに設けた『棚受け金物 鉄200』とラワン合板で作ったオープン棚は、吉川さんご夫妻のアイデアで、棚板の奥行きを無印良品のファイルボックスに合わせたサイズに。
このファイルボックス、私も使ってるんですけど、これにちょうどいい奥行きの棚って既製品ではなかなかないんですよ…!住まい手自らデザインしているからこその気づきだなぁと思いました。

こちらも「これいい!」と思ったアイデア。キッチン正面の壁に段差をつくっておいて、スパイスなどを置けるようにしてるんです。
キッチンツールは亜鉛メッキのマルチバー 亜鉛メッキ仕上 W700』に吊るして収納。生活感が出がちなところも、背景となる素材や寄り添うパーツを厳選すると、見映えが変わりますね。

洗面室に設置していただいた『アイアンハンガーパイプ コの字型-天井吊タイプ(ホワイト)』は、タオルを掛けたり室内干しに使う以外に、「スチームアイロンをかけたいときにもちょうどいいんです!」と未来さん。なるほど!長いカウンター台はアイロンがけにも活躍しそうです。
ちなみにドアは『オーダーフラッシュアドア シナ』を白く塗装、ドアノブは『ヘキサレバーハンドル ニッケル表示錠』をお使いいただきました。

カーテンレールがちょっとした小物を置けるデザインになっているのも、いいなと思いました。
実は窓のサッシはもともとはシルバー色で、室内側だけ『アイアン塗料』のチャコールグレーで塗装しています。サッシの色も、空間の雰囲気をガラリと変える要素のひとつです。

「自分で考えて選ぶ」過程が心地よい暮らしにつながる

素材探しは主にインターネットで行ったという吉川さんご夫妻。気になる素材や参考にしたい事例の写真をPinterestにまとめ、夫婦で共有して素材を検討していったそう。

「建材のネットショップは詳細や買い方がわかりにくいものも多くて、その点、toolboxは記事でわかりやすく説明されているし、僕らのような素人も買いやすい。ショールームで実物が見れるのも良かったですね。商品の使用事例も、モデルルームみたいにかっこ良すぎる空間ではなくリアルな空間が多いので、イメージがしやすかったです。imageboxも参考になりました」(和志さん)

と、toolboxのコンテンツをフル活用して空間づくりに臨んでくださったとのこと!
私たちtoolboxとしても理想的な使い方をしていただくことができ、とてもうれしいです。

「間取りづくりも素材選びも自分たちでやるのは、予算との折り合いをつけるのが大変でした。でも、その過程があったから、納得のいく空間をつくることができたんだと思います。喧嘩もしたけど、どう暮らしたいのかを夫婦でじっくり話し合えたことも、良かったですね」(和志さん)

ただ好きな素材を使うだけでなく、なぜそれがいいのかを自分たちでしっかり考えて選ぶ。そんなふうに住まい手自身が空間づくりに主体的に携わることが、住まいの満足度につながるのだなと、吉川さんご夫妻のお話を聞いて改めて思いました。

和志さん、未来さん、ありがとうございました。
吉川さんご夫妻のような幸せな空間づくりをもっと世の中に増やすべく、頑張ります!

(テキスト:佐藤/撮影:渋谷)

関連するPin-up記事

2018.08.10
プロ

団地の可能性

1975年にできた団地を、リノベーションした事例を紹介します。
2018.08.02
プロ

呑んだ後の格別の甘み

北海道すすきのにある飲食店に、照明を使っていただきました。
2018.07.30

必要なところだけ。理想のリフォーム事例

キッチンを中心としたマンションの部分リフォーム。
2018.07.30
プロ

レトロに照明演出

戸建リノベーションの事例写真を頂戴しました。
2018.07.26

一番落ち着く空間を自分たちの手で

平日は東京、週末は三浦半島でゆったり過ごす二地域居住の為のセカンドハウス