ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

キャメル色のソファや床、躯体現しのラフな梁、そしてブルーが鮮やかなランタン型タイル。エキゾチックな雰囲気が漂っています。

ハンモックを吊るしたりグリーンを掛けたり、リビングの空中を有効活用。リビングスペースの床に貼ったのはブラウンカラーのコルクタイル。

構造壁のボンド跡が印象的なリビング。植栽を置くためにコーナーや窓辺を土間にした、半屋外的な雰囲気がある空間です。

リビングでボルダリング!合板の壁に爪付きナットをあらかじめ仕込んで、好きなところにホールドを取り付けられるように。

奥に見える中庭は、実はもともとは部屋だったスペース。平面の面積が広い戸建ての1階に、“減築”で明かりと風を取り込むアイデア。

白い壁天井と、木の壁と床。キッチンや家具に至るまで統一された色のコントラストがきれい。

「和室も欲しい」というニーズ、特に戸建てでは多いと思うんですが、このお宅のような「フローリングに置き畳」という方法は部屋の使い方の自由度が上がってオススメです。

断熱をしっかりすれば、木造戸建てでもこんな開放的な空間づくりが可能に。 ライフスタイルの変化に合わせて壁をつくっていくような暮らし方も面白そう。

絵を飾ったりフラッグを付けたり。合板の壁は、気負いなくカスタマイズができそう。

一人暮らしにちょうどいい、小さめダイニングテーブルはDIYで。テーブル脚はソーホースブラケットと2×4材。

バルコニーに面した窓から室内窓越しに寝室まで光が届く空間構成。窓辺の天井に取り付けたハンガーパイプが、物を飾ったり室内干ししたりと便利そう。

小上がりの下は引き出し収納。のびのび使えるリビングを叶えつつ、収納もしっかり確保するナイスアイデア。

スクエア形に配線されたライティングレールが天井のインテリアに。壁面収納のガチャレールとともに、黒のアクセントが効いています。

窓辺を木製ガラス引き戸で仕切って、懐かしい縁側のようなスペースに。

リビング・ダイニング・寝室が、異なる床高さでひと続きになる空間。段差に腰を掛けたり、背を預けたりといった使い方もできそう。

お店のカウンターみたいなキッチン。モルタルやスチールなどのハードな素材がインパクト強め。

建坪7坪の狭小住宅。リビングは吹き抜け&ロフトの合わせ技で、開放感とスペース確保を両立。

空間がすっきり見えるワケは、壁と床・天井の境目に「巾木」と「廻縁」がないから。細かい部分ですが、見栄えはぐっと変わります。

木の引き出しと天板がアクセントになったリビングボードは、制作費約38万円。こんな収納があったら、リビングが一気に華やかになる。

壁一面に貼っているのは足場板。エキゾチックなインテリアにも合うんです。

短めの板で組んだヘリンボーンフローリングが新鮮。

足場板の古材を羽目板貼りした壁がワイルド。どこか西海岸っぽいインテリアです。

モルタルの塊みたいなキッチンで、ナチュラルテイストな空間をきゅっと引き締め。フローリングの目地が黒いのもポイント!

天井はラワン合板貼り。大判で貼った合板の雰囲気がそうさせるのか、大らかな印象の空間。

濃い茶色に塗装されたワラン合板の壁や戸が、ちょっと昔懐かしい雰囲気。柄の異なる型板ガラスもアクセントに。

光沢で柄が見え隠れするクロスがシック。

ブルーが鮮やかなランタン型タイルとマスタード色の吊り戸棚がキャッチー。ワークスペースの背後はパントリーになっています。

ワンルームのセンターを飾るのはL型の造作キッチン。ベッドスペースとの間はガラス壁で仕切り、光と視線が抜ける開放的な空間。

設計時点で置くことを決めていたソファ。キッチン脇の動線を邪魔せず、すっぽり収まっています。

リビングから玄関&マンションの共用通路側の窓まで見通せる空間構成。視線だけでなく風も通ります。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9