ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

赤みがかったカリンのヘリンボーンフローリングが鮮やか。黒い天井とのバランスがいいですね。

引き戸を開けるとLDKとひと続きになる個室。床と天井の仕上げをLDKと揃えているのがポイント。

ガラス戸の間仕切りは、光を届けて視線もつなげる優良アイテム。

胸ぐらいの高さの収納で部屋をゆるやかに仕切る。

フロアに段差があるのは、部屋の奥からでも窓からの見晴らしを楽しむため。

フロアの真ん中に、本棚で作った「小屋」が鎮座。こんな秘密基地のような空間がほしい。

間仕切りに使っているのは、透かしブロックというコンクリートブロック。

フローリングや家具など、木の温もりを感じる空間。ポイントは壁!ベージュの織物クロスを選んで、落ち着きのある雰囲気に。

スチールアングルに金網を取り付けて引き戸に。モノを掛けることもできますね。

ミッドセンチュリーとインダストリアルがミックスした世界観。スチール脚のテーブルが、重厚な素材感の空間にマッチ。

コンクリートブロックとスチールサッシの間仕切りの奥はキッチン。住宅っぽくない素材が、空間のアクセントに。

ナラのヘリンボーンフローリング、コンクリートブロックやモザイクタイルの壁、スチールの建具に家具。重厚な素材は空間に落ち着きをもたらします。

ステンレスの箱みたいなキッチン。足元が浮いているので家具のような軽い存在感です。

オリーブ色の塗装壁とタイルのコンビネーションがグッド。異素材の同色使いは、さりげないアクセントになる。

ダイニングテーブルは住人のDIY。天板とテーブル脚は、インテリアショップやホームセンターで購入したそう。深い色合いはオイルステイン塗装で。

作業台は業務用。足場板の古材で作った棚も無骨でハマッてますね。

ステンレスと足場板の古材のラフな雰囲気に、白タイルでカッチリ感をプラス。

板張りのキッチンは、床からちょっと浮いたように見えるデザイン。フローリングとメリハリを付けるためのテクニック。

リビングにはソファ、じゃなくて、こんなベンチを造っておくのもいいかも。サイドテーブルも収納も兼ねる多機能さ。

黒いヴィンテージのドアが存在感たっぷり。ドアを変えるだけでも、空間の雰囲気はガラリと変えられます。

フローリングがカラフル!うっすら木目が見えるのは、ペンキじゃなくてオイルステインという浸透する塗料を使っているから。

X型の木は、壁を壊して出てきた筋交い。構造上壊せないなら、インテリアとして見せてしまうというアイデア。小屋っぽい雰囲気を生むのにも一役買ってます。

押し入れの引き戸を扉にチェンジ。上下でドアも塗り分けてアクセントに。

視線が抜けるから空間を広く感じるし、光も気配も届く室内窓。寝室や子供部屋との間仕切りにグッド。

カーテンで窓辺を飾るのもいいけれど、こんな風に木製のドアを付けて飾るのもいいですね。採光もするならルーバータイプが◎。

縦に貼ったタイル(縦芋目地貼りと言います)と、横に互い違いに貼ったタイル(馬目地貼りと言います)の組み合わせがユニーク。

ここはフォトスタジオ。フローリングでよく見かけるヘリンボーンを壁仕上げに。新鮮!

間仕切りデザインの参考になりそう! 引き戸を釘を打ったり塗装がしやすい素材と仕上げで作れば、自由なキャンバスに。フォトスタジオでのスライドウォールのアイデア。

キッズスペースを仕切るのは、白く塗られた格子、だけ。将来はガラスをはめ込んでみたり、両側から板を貼って個室にすることもできますね。

コンクリートの梁にアンカーを打ち込んで家の中でブランコ!2×4材でできた本棚や仕切りもハシゴのようで、なんだか遊び場みたいなリビング。

2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10