ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

着目してもらいたいのは、窓辺のデザイン。 窓枠を隠して外の景色をフレーミングしつつ、細かい凹凸を少なくして空間をすっきりシャープに演出。

木製室内窓の先にあるのはキッチン。 空間に抜け感をつくるだけでなく、壁のアクセントにもなっています。

コンクリート躯体の壁が空間のアクセントに。 照明が仕込まれた板壁のキッチンカウンターも参考にしたいアイデア。

右奥の収納があるスペースは、あとから壁や引き戸をつけて個室にすることもできそう。 室内窓もあり、フレキシブルに使える場。

ロールスクリーンで隠せる収納スペース。扉を付けるより安上がりな上に、開けっ放しで使いたい時にも便利。

ソファ背後の部屋は書斎。大きな室内窓で間仕切ることで、LDKに目線の広がりを生み出しています。

窓辺に注目! 既存の古びたサッシを木枠の内窓で隠して、インテリアに一体感を。断熱効果も得られます。

ポイントに黒を効かせたLDK。キッチン天板は大理石をセレクトして、素材感でも空間にメリハリづくり。

明るい色のヘリンボーンフローリングと、黒い照明器具を取り付けたスケルトン天井とのコントラストが効いた空間。

引戸付きの収納の上部はオープンに。こういうフリーな収納スペース、結構重宝します。

LDKの壁一面を収納に。上部はオープンラック、下部は扉付きにして、見せる・隠すをバランス良く。

ミントグリーンの丸タイルがレトロかわいい洗面スペース。木の箱や板をDIYで取り付けて、オリジナルの収納計画。

三角形のキッチンでリビングとダイニングをゾーニング。左側の玄関から右奥の寝室までの距離感をつくるための仕掛けでもあります。

トライアングルキッチン!コンロ側の壁一面に貼った鮮やかなタイルもインパクト大。

「壁際に本棚を置く」ではなく「本棚を壁にする」という間仕切り方。本棚でつくられたブースの中は収納です。

合板で作ったお揃いのキッチンとベンチ。どっしりした存在感を放つデザインで、家族団欒の中心になる場所を演出。

広い店内を床の段差でゾーニング。目線高さが少しずれるだけで、お客さんの居心地は変わりそう。

上がり框なく、フラットにリビングとつながる玄関。空間に広がりを感じますね。

節目が荒々しいフローリングがモルタルの質感にマッチ。

重厚感ある素材でまとめた空間。黒い間仕切り壁の上部の空きや、白壁、玄関までの見通しで“抜け感”をつくっているのがポイント。

リビングの壁一面だけを板貼りに。見た目のアクセントとしてだけでなく、棚板を取り付けるなどのアレンジをするにもいいですね。

ツヤツヤのパーケットフローリングと廊下に面した腰窓が、学校のような雰囲気を漂わせています。

無印良品の収納ボックスがぴったり収まるように造作したカウンターデスク。リビングにこんなコーナーがほしい。

室内窓の先は玄関と廊下。ダイニングキッチンから、帰宅した家族の様子が確認できます。

格子入りのガラス戸がナチュラルトーンの空間のアクセントになってますね。

壁に色や柄を取り入れて、お部屋に華やかさをプラス。空間に奥行きを演出する効果もあったりします。

デスクと棚を造り付けた書斎。引き出しもお揃いです。

吹き抜けまで続くブリックタイル壁。床から天井際まで貼られているので、レンガ積みの壁のような雰囲気。

色味の違う板をパッチワークしたようなパネルを貼ったキッチン。イエローの壁は実は黒板です。

キッチンの窓上に棚を取り付けて収納に。「隠す」と「見せる」の収納をバランスよく。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9