ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

扉付きの収納は白ですっきり、上部はオープン棚にして抜け感を出したリビング収納が素敵。

白と木で構成されたシンプルな空間。コンクリート躯体に塗装した壁のラフな質感がアクセントになっています。

長さ2.7mの造作キッチン。収納は天板より下とパントリーに集約して、すっきり広々とした視界が広がる空間に。

大画面スクリーンを備えたリビング。天井際にはスピーカーも取り付け、フロアはすっきり音響も良しな環境に。

リビングに壁幅いっぱいの可動収納棚を造り付け。プロジェクターが置けるように最上段は奥行き深めにしています。

壊せない構造壁を、モカ色に塗って印象的な壁に仕上げる。ダークネイビーのクロスで仕上げた壁面も引き立っています。

色を取り入れた壁が色味の濃いアカシアフローリングと合っていてシック。可動収納棚にはTVボードやワークスペースを一体化させてすっきり。

リビングを広々使うために、対面型ではなく壁付けキッチンに。壁面に馴染む白いキッチンで見た目の圧迫感もなくしています。

奥のベッドスペースまで見通せる広々空間。スカイブルーの壁の前は将来ベッドを置けるように、横に壁を立ててちょっとしたコーナーに。

玄関を入ると、出迎えるのは広々した土間と洗面スペース。洗面があることで、いろんな使い方ができそうな場所です。

広々とした空間をキュッと引き締める黒っぽい壁は、黒板塗料仕上げ。単調な空間にならないよう、天井も質感のある漆喰仕上げにしています。

玄関まで視線が届く広々としたワンルーム空間。空間がのっぺりしないよう、窓辺だけ床仕上げを変えてインナーテラス風に。

右奥のドアの先はトイレ。カウンターデスク部分の袖壁が、トイレの出入りをさりげなく隠してくれます。

窓側に設けたドアの中はPS(パイプスペース)。パイプだけを覆って壁面が凸凹になるのを避けるため、収納スペースとセットにしてデザイン性のあるドアで閉じるというアイデア。

無垢の木を多用したインテリア。板を貼る向きを変えたり、建具はルーバーで見た目を軽やかにしたりして、バランスを取っています。

格子の間仕切りと格子の飾りをつけた壁がアジアンな雰囲気。窓辺の畳スペースはフローリングと高さを合わせてすっきり。

アーチ型の開口部と、街灯のような壁付け照明、鮮やかなブルーの黒板塗料で仕上げた壁がアクセント。天井は要素を最低限にしてすっきり。

キッチンは壁で手元を隠し、目線高さより上をすっきり。プレーンな空間に木の素材が引き立ちます。

窓に向かってではなく壁方向に板を貼ったフローリングが、窓が2面ある空間のゆったり感を強調。壁に作り付けた棚の軽やかさもポイント。

リビングの奥から玄関まで見渡せる開放的な空間。最上階の角部屋という、共用通路を行き来する人が絞られる住戸特徴を活かしたプランニング。

大きなテーブルを空間の中央に配置。料理、食事、子供の勉強、くつろぎタイム、いろんなシーンを許容する場所。

ベッドサイドのブラケットライトとフットベンチ代わりのテーブルがホテルライク。照明計画と家具の使い方で寝室をグッと上質な空間にしています。

木目が強い節入りのフローリングが、掃き出し窓の先にある庭へ視線を誘導。広々した空間にリズム感も生んでいます。

折り上げ天井が「昭和の邸宅」を感じさせます。元々の建物が持つ良さを活かしてリノベーションを行ったそう。

中古戸建てのリノベーション 。玄関と廊下を仕切っていた壁を取り払って、キッチンまで見渡せる開放的な空間に。

廊下やキッチンを仕切っていた壁を取り払った戸建てリノベ。現しで残した柱や筋交いがモニュメント的。

ブルーグリーンの壁の中はサニタリー。そのまわりをぐるりと回遊できる間取り。建具を設けないことで視線が四方に抜けて広がりを感じられます。

リビングとしてもダイニングとしても使えるL型ベンチソファ。置く家具を減らせばフリーに使える場所が増えます。

コーナーに造り付けにしたL型ベンチソファが古い洋館のよう。長く使い込まれたような表情の床も雰囲気を高めています。

ナチュラルな雰囲気漂うリビングダイニング。無垢フローリング仕上げの床だけでなく、漆喰仕上げにした天井と既存サッシを隠すウッドブラインドもポイント。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9