ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

壁ではなく、棚で空間を仕切るアイデア。ただしまうだけの棚じゃないから、「見せる」にもこだわって造作。

キッチンの一角をワークスペースに。家事をしたり家計簿付けたり、作業がはかどりそうです。

ベンチがカウンターデスク、オープンラック、カーテンレール、飾り長押に。一枚の板がトランスフォームしていくみたいな造作が面白い。

しまう、飾る、読む、見る、書く。いろんなことが全部できちゃうリビング一体型ワークスペース。

こんなワークスペースがリビングにほしい。木製のドアと窓も絵になる。

リビングの一角に造り付けのデスク。棚は棚板を増やしたり、高さも変えれるタイプで便利そう。

収納で空間をゾーニングするアイデア。こちらのお宅ではキッズスペースとワークスペースとの仕切りに。

押入を改造して、こんな風な「見せる収納」を作ってもいいかも。左側の低い位置の棚は、飾り棚にもデスクにも使えそう。

半畳程度のスペースでも、専用の書斎って気分がアガる。部屋の一角にこんな空間がほしい。

ハンモックを吊るしたセカンドリビングを兼ねる玄関。土間の空間は多用途に使えますね。

飾り棚が白壁のアクセントに。上下の棚をちょっとずらして配置しているのがポイントです。

障子は目隠しや断熱に有効なアイテム。この家では和の雰囲気づくりに一役買っています。

一番眺めの良い窓辺にデスクをレイアウト。デスクもワゴン収納もDIYで作ったもの。

波形のカウンターテーブルは跳ね上げると壁面に収納される仕組み。

パーティション感覚の壁で仕切った仕事場。コンパクトな空間だけど、色と柄で楽しげに。

屋台というか小さな小屋。こんなブースを家の中に作っても面白そう。

ワークスペースと収納が窓辺に並ぶ。造り付けなので見た目に統一感があってすっきり。

白い漆喰壁にドアと窓の水色が映えます。型板ガラスの違いも彩りになってますね。

リビングの一角に板壁のワークスペース。空間のワンポイントになってます。

デスクも棚もコーナーにジャストフィット。白い棚はモノを置いても印象軽やか。

木製建具にパーケットフローリング、パステルカラーのモザイクタイル。昔懐かしい素材たちでつくるレトロ空間。

一番気持ちのよい窓辺にロングカウンター。窓外の花台兼デッキは室外機隠しの目的も。

造り付けのカウンターデスクは脚がなくてすっきり。

壁風引戸の開け閉めで、書斎を隠したりリビングとつなげたり。

長ーいカウンターの対面にはベンチ。読んだり書いたり話したり寛いだり、が気ままにできるスペース。

木のハコと板の組み合わせで棚の壁をつくる。ハコも棚受けに乗っけてしまう。

個室に思い切って色を使ってみる。ブルーグレーの床が濃茶の家具に似合います。

側板にも棚板を付けた本棚で、「しまう」と「飾る」を使い分け。

マガジンラックを兼ねたカウンターブースは、実はアイロン台。

ここは家族みんなの作業場。有孔ボードを使ったツール収納術、真似したい。

1 | 2 | 3