ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

赤みがかったカリンのヘリンボーンフローリングが鮮やか。黒い天井とのバランスがいいですね。

間仕切りに使っているのは、透かしブロックというコンクリートブロック。

フローリングや家具など、木の温もりを感じる空間。ポイントは壁!ベージュの織物クロスを選んで、落ち着きのある雰囲気に。

サニタリーはヘリンボーンフローリング。小空間だからこそ、素材に凝ってみる。

アメリカのヴィンテージ家具からのインスパイアを感じる家具たちは、この家を設計したデザイン事務所によるオリジナル。統一感のあるインテリアに仕上がってます。

ミッドセンチュリーとインダストリアルがミックスした世界観。スチール脚のテーブルが、重厚な素材感の空間にマッチ。

コンクリートブロックとスチールサッシの間仕切りの奥はキッチン。住宅っぽくない素材が、空間のアクセントに。

ナラのヘリンボーンフローリング、コンクリートブロックやモザイクタイルの壁、スチールの建具に家具。重厚な素材は空間に落ち着きをもたらします。

壁ではなく、棚で空間を仕切るアイデア。ただしまうだけの棚じゃないから、「見せる」にもこだわって造作。

窓辺を土間にしてインナーテラス風に。室内に外っぽい開放感が生まれますね。

ヘリンボーン、パーケット、ホワイト、ダークブラウン、ライトブラウン…。さまざまな貼り方と色と素材がミックスした、パッチーワークみたいな床がかわいい。

カーテンで窓辺を飾るのもいいけれど、こんな風に木製のドアを付けて飾るのもいいですね。採光もするならルーバータイプが◎。

ここはフォトスタジオ。フローリングでよく見かけるヘリンボーンを壁仕上げに。新鮮!

オリーブとパープルの壁は住人がDIY塗装。ゴールドが混ざったタイルやヘリンボーン床と相まって、フレンチシックな空間に。

部屋によってフローリングのパターンを変えて。でも、同じオーク材なので馴染みます。

寄せ木の色幅が大きいパーケットフローリング。床に表情が生まれます。

造作家具に入った白いスリットが部屋全体に連続感を与えてます。見た目のアクセントにも。

ベンチがカウンターデスク、オープンラック、カーテンレール、飾り長押に。一枚の板がトランスフォームしていくみたいな造作が面白い。

昔の学校の床のような、パーケットフローリングがレトロ。ミントグリーンの壁は黒板塗装。

視線をつなげたまま、音を仕切ってプライベートな時間をつくるガラス引き戸。フレームの細さが抜けを邪魔しません。

2つの棚を脚にしたキッチン。収納も備えてるし、このスタイル面白い!

壁の上部に棚を取り付けて収納に。床にモノを置くよりも、空間がすっきり見えます。

バルコニーがある窓辺を土間にするというアイデア。グリーンを置いたりハンモックを吊るしたり、半屋外的に使いたい。

アンティークテーブルの脚を付けたようなキッチンが面白い。照明もアームライトでデスクっぽい雰囲気です。

ヘリンボーンの床も気になりますが、パーケット柄のキッチン天板も気になります。

乱尺貼りとヘリンボーン貼りのミックス。床の仕上げで場の雰囲気が変わって面白い。

ブルーグレーのドアがアクセントになってますね。

2種類の貼り方をした床、板貼りとタイル貼りの壁。素材と家具との競演を楽しみたくなる部屋ですね。

艶ありタイルの壁と、オークをヘリンボーン貼りした壁。海外の邸宅のようなヴィンテージ感が出てます。

ヘリンボーン貼りの床…じゃなくて壁なんです。フローリングの意匠を壁で楽しむのも面白いですね。

1 | 2 | 3