ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

板張りのキッチンは、床からちょっと浮いたように見えるデザイン。フローリングとメリハリを付けるためのテクニック。

X型の木は、壁を壊して出てきた筋交い。構造上壊せないなら、インテリアとして見せてしまうというアイデア。小屋っぽい雰囲気を生むのにも一役買ってます。

キッチンはIKEAですが、まわりのゴールドが混ざったタイルが場を華やかに見せてます。

オリーブとパープルの壁は住人がDIY塗装。ゴールドが混ざったタイルやヘリンボーン床と相まって、フレンチシックな空間に。

IKEAのキッチンに特注のステンレス天板を設置して造作。青山にある「DOWN THE STAIRS」のキッチンを参考にしたそう。

ステンレス製の作業台は業務用。木の天板を渡してインテリアに馴染ませています。

クローズド型キッチンの壁を壊し、既存のシステムキッチンは面材を変えて、オリジナル・オープンキッチンに。

小口タイルを貼ったカウンター。モザイクタイル貼りが多いけれど、こんな仕上げも良いですね。

クローズド型だったキッチンを、壁を壊してオープンキッチンに。かすれた塗装の羽目板壁が印象的。

キッチンの前面をディスプレイ棚に。パッチワークみたいな柄のタイルがポイント。

風情たっぷりの壁は、ダメージ加工が施されたブリックタイルと目地の上塗りで表現。

羽目板貼りした板はかすれ気味のペイントが雰囲気を出してます。

アンティーク調フローリングやブリックタイル、エイジング塗装された板壁など、癖の強い素材をビビッドな青でまとめあげるインテリアコーディネートがお見事。

淡い紫の壁と青みがかったグレータイルのキッチンがフェミニン。

収納上手に見える収納計画のコツは、「見せる」と「隠す」のバランス。

カウンターやカップボードは既製品ですが、キッチンと色や素材が揃っていて統一感があります。

テラコッタタイル×白木×白タイルで明るく爽やかなキッチン。

ペンダントライトの複数灯使いでお店っぽく。

マットな艶感のある塗装壁と、オリジナルブロックのカウンター、合板貼りのキッチン。メリハリの効いた素材使い。

目地の色次第で雰囲気がぐっと変わる白タイル。こちらのキッチンはグレーの目地でクールな趣き。

木と白のナチュラルな空間に、カップボードのブルーの差し色が効いてますね。

キッチンはタモ突き板、TV背面の壁はOSB合板、床はミモザ。同じ「木」でも、使い方如何でこんなにメリハリ。

普通のシステムキッチンでも、面材を変えたり、壁に好みのタイルを貼れば、オリジナルなキッチン空間ができ上がり。

昔の学校の床のような、パーケットフローリングがレトロ。ミントグリーンの壁は黒板塗装。

不揃いな板幅の羽目板壁。エイジング塗装が味わいをUP。

羽目板壁で囲んだキッチンがインテリアのポイント。

炊飯器も電子レンジもゴミ箱もすっきり納まるカウンターは造作。このボリュームで制作費は約40万円。

普通のシステムキッチンも、天板と面材、プラス取っ手の変更でパリのアパルトマン風に。

「見せる」「しまう」のメリハリが利いたキッチン収納。我が家にもこんな収納がほしい…!

棚や天板に使われることの多い集成材ですが、こんな風に面を見せるのもアリ。下部は質感豊かな塗装です。

1 | 2 | 3 | 4 | 5