ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

重厚感ある素材でまとめた空間。黒い間仕切り壁の上部の空きや、白壁、玄関までの見通しで“抜け感”をつくっているのがポイント。

一戸建てのリノベーション。外装全ては大変でも、玄関ドアや囲いなど、一部を変えるだけでも印象は大きく変えられます。

ベージュのランタン型タイルとネイビーの組み合わせがエキゾチックなキッチン。造作した吊り戸棚のデザインも素敵。

リビングの壁一面だけを板貼りに。見た目のアクセントとしてだけでなく、棚板を取り付けるなどのアレンジをするにもいいですね。

ツヤツヤのパーケットフローリングと廊下に面した腰窓が、学校のような雰囲気を漂わせています。

無印良品の収納ボックスがぴったり収まるように造作したカウンターデスク。リビングにこんなコーナーがほしい。

室内窓の先は玄関と廊下。ダイニングキッチンから、帰宅した家族の様子が確認できます。

格子入りのガラス戸がナチュラルトーンの空間のアクセントになってますね。

リビング隣の個室は、引き込み戸にしてフルオープンできる仕様に。奥の部屋の家具と色調を揃えた建具枠が効いてます。

おとぎ話の世界につながっていそうなドアがかわいい。ベージュの壁もやさしい雰囲気をつくっています。

壁に色や柄を取り入れて、お部屋に華やかさをプラス。空間に奥行きを演出する効果もあったりします。

牧歌的な印象が強い板貼りの壁も、こんな風に列ごとに板の表情を変えるデザインにすると、モダンな印象に。

リビングにはソファ、じゃなくて、こんなベンチを造っておくのもいいかも。サイドテーブルも収納も兼ねる多機能さ。

樹種も幅も長さも異なるフローリング材をパッチワークのように組合せて施工。手間は掛かるけど、ほかにはない床になる。

昔の団地っぽいレトロなキッチンの壁と戸棚をさわやかブルーに。それだけで一気にキュートに。

コンクリートブロックを腰の高さまで積み上げてパーティション感覚の間仕切り壁に。壁の奥はワークスペースになってます。

ステンレスと白いタイル。そのままだったらシンプル過ぎるけど、木の天板があたたかみのあるキッチンに。食器棚もステンレスでお揃い。

黒縁の窓の先はLDK。室内窓は部屋越しに採光できるだけじゃなく、部屋に開放感も与えてくれますね。

部屋のワンコーナーにこんなちょっとした棚を取り付けたら、空間の使い方が広がりそう。

黒いヴィンテージのドアが存在感たっぷり。ドアを変えるだけでも、空間の雰囲気はガラリと変えられます。

ヘリンボーン、パーケット、ホワイト、ダークブラウン、ライトブラウン…。さまざまな貼り方と色と素材がミックスした、パッチーワークみたいな床がかわいい。

テキスタイルメーカーの事務所。リビングテーブルの台は積み重ねた生地、ソファにしているのは機場(はたば)で織り上がった生地を入れるのに使っている荷台。

フローリングがカラフル!うっすら木目が見えるのは、ペンキじゃなくてオイルステインという浸透する塗料を使っているから。

壁の隅にワンちゃん専用ドア!猫ちゃんにもよさそう。

色違いのタイルをあえて不規則に並べているのが、手作り感あってかわいい!

いろんな色の板をパッチワーク風に壁に貼ってみる。あえて規則性なく、ちぐはぐに並べて手仕事感を。

X型の木は、壁を壊して出てきた筋交い。構造上壊せないなら、インテリアとして見せてしまうというアイデア。小屋っぽい雰囲気を生むのにも一役買ってます。

昭和フィフティーズな模様入りの天井仕上げ材も、真っ白に塗るだけでなんかオシャレに見えてくるから不思議。

一畳だけの小上がり。登るための段はベンチに。ソファやセカンドベッド感覚で使えますね。昼寝コーナー決定!一畳サイズ・収納ベンチ付き・本棚付きで35万円で造作。

押し入れの引き戸を扉にチェンジ。上下でドアも塗り分けてアクセントに。

1 | 2 | 3