ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

同素材で色違いのカーテンを使って、部屋を飾る。手軽なのに素敵なテクニック。

背板のない棚を窓の前に。明かりは取れるし、棚の印象も軽やかです。

モルタル壁を這うガス管は、カーテンレール兼ハンガーバー。こんな窓辺の飾り方もアリ。

見上げるとひっそりとフクロウが。カーテンレールを小物の飾り棚にするアイデア。

「主張しない」という主張があるカーテンレール。

床に貼ったのは足場板。壁や天井はプレーンな塗装仕上げだけど、床に特徴を出して部屋を魅力的に見せるテク。

合板の壁にスパッと入ったスリット窓。不思議な浮遊感がありますね。

ダイニングバーが開業する予定の空間。上階住居へ続く通路の壁に取り入れた、スリット状の窓が大胆。

窓辺に足場板を渡してカウンターデスクに。採光&通風もきープされた、開放的なワークスペースの出来上がり。

合板を組み上げて造作したDIY感のあるキッチン。合板で窓枠を作って窓辺もリニューアル。

隣り合う窓同士のカーテンレールをひと続きに。壁に掛かる部分には、こんな風にものを吊り下げて飾ってもいいですね。

カーテンで窓辺を飾るのもいいけれど、こんな風に木製のドアを付けて飾るのもいいですね。採光もするならルーバータイプが◎。

縦に貼ったタイル(縦芋目地貼りと言います)と、横に互い違いに貼ったタイル(馬目地貼りと言います)の組み合わせがユニーク。

窓に付けたのはカーテンでもブラインドでもなく、ルーバー戸(ウッドシャッターとも言います)。その先にも空間があるような奥行きが生まれてますね。

カーテンレールも内窓もアイアン製。室内窓も黒で仕上げて統一感のある空間に。

既存の出窓にアイアンフレームの内窓を取り付けてショーケースのように。カーテンレールもアイアンでお揃い。

ブラウン系の床と家具、窓の木製ブラインドもコーディネートの要になってます。

窓際に無垢フローリングを貼って縁側風。逆さ梁の段差を隠しつつ、空間のアクセントに。

住人の友人が余ったフローリング材でDIYしたというテーブルがいい味出してます。カーテンの質感にも合ってる。

窓上を利用して飾り棚を造作。2種類の合板使いでインテリア性をUP&カーテンボックスも備えちゃってます。

水回り以外の場所にこんな艶ありタイルを使うのもアリ。こちらはニューヨークの地下鉄にも使われているタイル。

ルーバー付きのウッドシャッターの先は寝室。インナーテラス越しに光と風がコントロールできます。

スチールで造作したバーをカーテンレールに。窓辺がすっきり。

スチール製のカーテンレール。主張しないけどデザインされてる窓辺。

ダブルのカーテンレールはスチールで作ったオリジナル。麻のカーテンもシンプル。

造作した木のカーテンレール。さりげない部分に見えて、窓辺の雰囲気づくりを大きく担う存在。

マンションの一室に「縁側」。古い和建具を窓辺に取り付けて作った至極の和みスペース。

昔の学校のような懐かしさが漂う部屋。コンクリートむき出しの壁天井と和の建具、意外にもハマってます。

障子は目隠しや断熱に有効なアイテム。この家では和の雰囲気づくりに一役買っています。

透かし柄のカーテンを付けた窓。カーテンひとつで窓辺の印象は激変します。

1 | 2 | 3