ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

置く、吊るす。壁の上部を収納に活用すれば、床が広々使えます。

食器棚と本棚とTV台が一体に。モノが散り散りにならず、整頓されて見えます。

ちょこんと並んだカラフルなつまみがかわいい。収納扉のアクセントに。

スピーカーが天袋にすっぽり。押入を改造したTV&AVスペース。

真っ白な収納扉に、木のつまみがあたたかみを添えています。

奥のキッチンと手前のリビングをつなぐ「木のトンネル」は、壊せない構造壁を逆手に取ったアクセント。

襖とピーリング板貼りの壁は既存のもの。コンクリート天井とのコントラストが面白い。

本棚の背面側は倉庫。上はロフトになっていて昼寝ができるという、なんともうらやましいオフィス。

迫力満点!壁いっぱいの本棚。物量たっぷりなのに整然として見えるのは、棚の間隔が本のサイズにぴったりだから。

棚板の小口にアクセントを効かせて。

逆L型の鉄のシェルフは、空いた部分にデスクを置いたりベッドを置いたり。

棚板の高さを変更できる壁付けの棚は重宝しそう。

収納扉も壁のタイルもカラーをMIXしてカラフルに!

タイルで描いた青と白のストライプ模様。斜めのライン&鏡への写り込みで奥行き感UP。

鉄板を凸凹に折り曲げて、両面から使えるようにした棚。

壁と梁はモルタル仕上げ。梁部分の側面にアールをつけて、ちょっと洞窟のような籠り感を演出。

色とりどりの収納扉や「STORAGE」のサインがグラフィカル。

「浮かせる」が収納をスマートに見せるコツ。

鉄筋×やわらかい表情のハーベストパネルで、ほどよいゴツさ加減。

1 | 2 | 3 | 4 | 5