ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

電線管&露出ボックスにソケットを取り付けた照明がインダストリアル。電球はガラスグローブの半分がミラー加工されたもので、壁に光を当てて間接照明にしています。

廊下の壁に凹みを作って収納棚に。「ただの通路」になりがちな空間にモノの居場所をつくることで、楽しげのある空間に。

パネルにウォルナットを使ったキッチンに色味を揃えたダイニングキッチンと、明るい色味の木を使った小上がり側。場所ごとに異なる雰囲気をつくっています。

ダイニングからキッチンまで連続した収納が壁面を彩っています。背板をなくし、真ん中ラインを開けて圧迫感が出ないようにしているのもポイント。

リビングの壁に設けたニッチ収納。上部のアーチが飾るものを引き立てます。

玄関土間の一角はご主人の自転車スペース。自転車を収納する場所も、トレーニングのためのモニタを置く場所も確保された理想の趣味空間。

白く塗った羽目板壁が出迎えるエントランス。マリンブラケットライトと相まって、海辺の小屋的雰囲気。

壁の余白に設けたAVシェルフは、壁付けにして浮いたようなデザインに。 床の角が見えると空間がすっきり見えますね。

オープンキッチンのリビング側を小物用の棚に。 きっちり収納にする手もあるけど、こうした飾る場があると空間にゆとりを感じます。

天井に取り付けたアイアン製のハンガーパイプ。グリーンを飾る以外にもいろいろ使えそう。

グレーと明るいトーンの木を基調に、白と黒をアクセントに効かせたインテリアは、「グリーンを配置して完成」するように計画されたもの。

間柱とラワン合板でDIYした間仕切り壁の向こうはキッズスペース。手前側にも合板を貼ったり、さらに塗装をしたり、棚を付けたり。こんなカスタマイズ自由な壁があると楽しそう。

お父さんがDIYでつくったラワン合板の間仕切り壁の先はキッズスペース。お子さんの成長に合わせてリビングをリニューアル。

天井側にピクチャーレールを取り付けておけば、お気に入りの絵や雑貨も、壁に穴を開けることなく飾ることができます。

背板のない棚を窓の前に。明かりは取れるし、棚の印象も軽やかです。

LDKの壁一面を収納に。上部はオープンラック、下部は扉付きにして、見せる・隠すをバランス良く。

リビングの壁に取り付けた、奥行き浅めの棚。小物を飾るのにぴったりです。

コンクリート躯体現しの天井にコンクリートアンカーを取り付けて、憧れのハンモックを吊り下げ。

自転車用フックを使って、愛車を玄関にディスプレイ。上下に格納してスペースを有効活用。

天板と棚板は合板の小口を見せて、白壁のアクセントに。

ハンガーと棚を組み合わせてディスプレイを楽しむ、お店のようなウォークインクローゼット。

上のほうの棚板が二重に見えるのは、地震の際などの滑り落ち防止のストッパー。小口のストライプがアクセント。

見渡す限りの本!壁全面が本棚という、図書館のような部屋。

フロアの真ん中に、本棚で作った「小屋」が鎮座。こんな秘密基地のような空間がほしい。

壁に長いカウンターテーブルを取り付けて、通路兼家族のワークスペースに。

収納するものに合わせて高さが変えられる可動収納は何かと便利。背面に色があると、さまざまなものを飾っても見た目がまとまりそう。

合板が貼られたカスタマイズOKな壁に、古材や棚を取り付けて「自分らしさ」を楽しむ賃貸住宅。

置く場所に困りがちな自転車グッズを、愛車とともにインテリアにしていまうアイデア。

TVボードを置くのもいいけれど、軽量のTVなら、こんな風に棚を取り付けるのもいいですね。

上下で仕上げの素材を変えてみたり、背面に差し色を入れた棚で飾ってみたり。「壁のアレンジ」で一味違う部屋に。

1 | 2 | 3 | 4