ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

古い小屋を改装したようなシャビーな雰囲気を醸し出しているのは、ざっくり塗装の羽目板壁とエイジング塗装のドア。

古材貼りのキッチンカウンターはキャスター付き。キッチンの使い方によってレイアウトを変えられて便利そう。市販のキャスターワゴンに古材を貼るという手もありますね。

フローリングを貼る向きが切り替わっているのがゾーニングのポイント。

大きなテーブルにみんなのアイデアを載せて打合せ。壁の白い部分はホワイトボードになっている。

シンプルな空間ですが、表情がある無垢の床と存在感のあるランプシェードが効いてます。

天板も側面も古材貼りのキッチン。工業用照明に負けない重厚感。

たっぷりの収納を造り付けたダイニングキッチン。外国っぽい雰囲気。

アームライトとトグルスイッチを一体化させた造作プレート。操縦室っぽい。

折り上げ天井とモールディングを施した壁(実は引戸)でクラシカルな雰囲気。

床に螺旋を描いているのは、既存仕上げを撤去して出てきたボンド跡。リノベならではの意匠。

コンパクトだけど、シンク付きのアイランド&カップボードまであるキッチン。参考にしたのはwowwowの番組「ビルの幸せブレックファスト」のキッチンだそう。

コンクリート&ステンレス仕上げのキッチン。「男前」です。

「大学の製図室のような空間」を目指したアトリエスペース。住人の趣味は日曜大工や彫金、製菓。

色と素材がMIXした大テーブル。キッチン側に貼り付けたステンレス板はまな板代わりにも。

多様な素材がMIXされた大テーブル。材の厚みを揃えてつなぎ合わせている。

1 | 2