ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

こどものお絵かきボードになったり、家族の連絡板になったり。黒板塗料で壁をコミュニケーションツールに。

中窓が開いた壁はなんと段ボールで造作。将来への可変性と遊び心からの選択だそう。もう一方の壁は黒板クロスで描ける壁に。

黒板塗料を塗った子供部屋へのドアは、大きなお絵かきボード。今あるドアを黒板塗料で塗り替えてもいいかも。

深緑色の壁は黒板塗料で塗られていて、子供たちのお絵描きスポット。丸窓が空いた壁の裏には2段ベッドが納まっています。

木造一戸建てのリノベーション。既存の天井仕上げを撤去して天井高さUP。現場用のガードを付けた裸電球もラフな雰囲気に合ってます。

壁付け照明がリビングへと誘う、幅が約1.6mもある通路。ここで本を読んだり棚を置いてみたり、使い方の余地を考えるのが楽しそうな場所。

広々とした空間をキュッと引き締める黒っぽい壁は、黒板塗料仕上げ。単調な空間にならないよう、天井も質感のある漆喰仕上げにしています。

アーチ型の開口部と、街灯のような壁付け照明、鮮やかなブルーの黒板塗料で仕上げた壁がアクセント。天井は要素を最低限にしてすっきり。

壁の色や仕上げにこだわるなら、スイッチ&プレートにもこだわりたい。ブラックのスイッチプレートが、ブルーを際立たせています。

ボルダリング壁の中はトイレで、そのまわりをぐるりと回遊できる間取り。キッズスペースの一段床が下がったスペースは将来2段ベッドを置く想定。

ガラス入り框戸や室内窓で視線が抜けるLDK。足や物がぶつかりやすい下部を板貼りにした框戸は、床面が散らかりがちなキッズスペースの目隠しにも。

クローズド型のキッチンも、窓とカウンターを付ければセミオープンキッチンに。モルタル壁やスチールサッシでブースを特徴付ければ、キッチンの存在感もアップ。

黒く塗装した梁とアイアン家具の黒がポイント。茶系素材で構成された空間をぐっと引き締め、まとめ上げています。

色味の違う板をパッチワークしたようなパネルを貼ったキッチン。イエローの壁は実は黒板です。

カフェやギャラリーとして使うスペース。黒い壁は、マグネット塗料に黒板塗料を重ね塗り。貼ったり描いたり、使える壁に。

テーブルの横の壁に貼られているのは、薄くスライスした足場板。薄い板なら接着剤で貼れるので、DIYでトライできる。

壁の仕上げの変化でLDKをゾーニング。一室空間でも場所ごとに異なる雰囲気にできる。

上下で仕上げの素材を変えてみたり、背面に差し色を入れた棚で飾ってみたり。「壁のアレンジ」で一味違う部屋に。

小物や雑誌を飾るのにぴったりの本棚。背面の差し色もリビングの彩りになる。

有孔ボードを使ったキッチンツール収納。細々したモノが多い場面で真似したい!

小ぶりなシンクにIHクッキングヒーター。ミニマムなキッチンですが、木の天板で心地よさUP。

マグネット塗装の上に黒板塗装。書けるし貼れる、便利な壁ができました。

梁にハンモックを吊るして。木の梁はいろいろ掛けたり吊るせていいですね。

黒板塗料で壁を塗るのもいいけれど、こんな風に黒板を作っちゃうのもいいですね。

有孔ボードのドットが棚のアクセントに。黒い引き戸の部分は黒板塗装が施されています。

キッチンの奥に黒板。その日の予定や献立を確認するのに便利そう。

リビングの一角に黒板ゾーン。お子さんの自由なアートを飾って。

2つの戸と間の壁を黒板塗料で塗装。ルームサインをチョークで描いてもいいかも。

キッチン横の壁やカウンターは黒板塗料をペイント。子供たちの落書きが、日常を彩るアートに。

懐かしい緑色の黒板と古い和建具がレトロな雰囲気をつくってます。メモも落書きも空間の彩りに。

1 | 2