ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

窓外の運河の風景に目が奪われます。お気づきでしょうか、バルコニー側の壁が鏡面仕上げなことに。室内が映り込み、部屋の中に運河があるような不思議な感覚に。

板貼りの天井とフローリングがリビングの奥行きを強調。室内窓も空間に広がりをもたらしています。

ソファの後ろの壁にはめ込んだのは、室内窓代わりに取り付けた鏡。写り込みによって広がりのある空間になっています。

モダンなデザインの木製ガラス引戸。部屋を仕切るだけでなく、部屋を飾る役割も果たしています。

ワークスペースの風景をトリミングするような壁の穴が面白い。

長い土間の玄関、かと思ったら、奥は鏡! 下足入れの扉を鏡面仕上げにして、姿見と空間を広く見せるアイデア。 

家族しか出入りしないと割り切って、寝室の壁はボードを貼らずに少しでも広くなるように工夫。外側は木の板を下見板貼りしています。

棚板の位置を変えたり増やしたりできる可動収納棚は、靴が増えても安心。大きな姿見は写り込みで空間に広がりを出す効果も。

キッチンの対面に設けたオープンな洗面スペース。洗面器も水栓も、LDKのインテリアの一部に。

天井付近にポリカーボネートをはめ込んで、抜け感の演出と明かり取りを両立。シナ合板壁の高さと収納の高さが揃っていてすっきり。

フロアの中央に置いた間仕切り壁も、キッチンや収納と同じシナ合板で。壁というより家具のような存在感。

カーテンのサイズを窓の高さではなく、天井高さに合わせる!参考にしたい、天井を高く感じさせるテクニックです。

キッチンカウンターやダイニングの吊り戸棚、天井仕上げの切り替えなど、同一方向への視線を誘う工夫が開放感を生み出しています。

リビングの先にあるのは子供室と寝室。空間の長手方向にフローリングを貼っているので、より奥行きを感じられます。

コンクリートむき出しの梁がシックな内装のアクセントに。ガラス框戸とスチール格子の窓の先には玄関が見える。

ホテルライクなベッドルームとバスルーム。ガラス壁は浴室の使用後にタオルで拭きあげているそう。日々のひと仕事にしておくほうが掃除も楽ですね。

備え付けのカウンターデスクは、デスクやドレッサーを置くよりも足元がすっきりして、空間も広く使えそう。

ガラス窓付きのリビングドアで、暗くなりがちな廊下に光を届ける。

ソファ背後の部屋は書斎。大きな室内窓で間仕切ることで、LDKに目線の広がりを生み出しています。

使われているタイルは「二丁掛」と呼ばれるサイズ。横長のプロポーションが空間をのびのび見せてくれます。

珍しい小ぶりなパネルサイズのパーケットフローリング。「部屋が狭いので幅広フローリングはアンバランス」という判断からこの床材を採用したそう。

押入の襖を外してワークスペースに。古い団地の間取りの名残が感じられて面白い。

宙に浮いたようなドアの先はトイレ。フロアが広く見えます。

間仕切り壁の上部を空けて天井をひと続きに。開放感と空間のつながりを高めるテクニック。

ずらりと並んだ引き出し。ついつい開けてみたくなる。

マンションの一室に茶室!仕切りはないのに、長押や柱が空間の独立性を生んでいます。

足場板の床が庭まで続く。窓を開ければ室内もデッキ気分。

フローリングに対して斜めに配置された壁。空間に不思議な奥行きが生まれます。

ガラス付きの間仕切りで、日中は使わない寝室越しに採光。

壁をくりぬいて、個室同士をつなぐ。

1 | 2