ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

玄関と寝室、リビングをつなぐ通路に配置した洗面スペース。起床時も帰宅時も就寝前も便利そう。大きな鏡は部屋を広く見せる効果も。

窓外の運河の風景に目が奪われます。お気づきでしょうか、バルコニー側の壁が鏡面仕上げなことに。室内が映り込み、部屋の中に運河があるような不思議な感覚に。

カーテンのサイズを窓の高さではなく、天井高さに合わせる!参考にしたい、天井を高く感じさせるテクニックです。

ソファの後ろの壁にはめ込んだのは、室内窓代わりに取り付けた鏡。写り込みによって広がりのある空間になっています。

ブルーグリーンの壁の中はサニタリー。そのまわりをぐるりと回遊できる間取り。建具を設けないことで視線が四方に抜けて広がりを感じられます。

異なるトーンのグリーン2色で壁を塗り分け。空間にコントラストが生まれて奥行きが感じられます。

リビングとしてもダイニングとしても使えるL型ベンチソファ。置く家具を減らせばフリーに使える場所が増えます。

奥の部屋へ光を届け、空間の抜け感も生み出すガラス入りのドア。アンティークな色合いに仕上げたドアはインテリアとしての存在感も大。

シングルの中古マンションリノベーション。ベッドが置ける最低限サイズの寝室はパーティション感覚の壁で仕切って、明るさや広さを家全体で感じられるようにプランニング。

玄関に上がり框を設けなくても、ラグマットで靴を脱ぐ場所を示せば良い。段差のないフラットなスペースはフレキシブルに使えそう。

下足入れをフローリングの上まで引き込んで、収納量を確保しつつ、開放感と奥行きも演出。

洗面台はカウンターのみにして、小物は収納ボックスにイン。足元が開けているので空間が広々感じられます。

余計なものが一切ない空間。フローリングや木製建具はホワイト系オイルで塗って一層明るくシンプルに。

下部収納なしの洗面台で空間広々。ミラーを枠なしにして壁幅いっぱいに設置したのも空間広がり効果UP。

玄関まで広々つながった空間。モカ色に塗った天井が開放的な空間に落ち着きをプラスしています。

引き戸を入れ替えできる空間。引き戸は上下ポリカーボネート入りだったり、上下とも板入りだったり、どの引き戸で仕切るかによって、部屋のつながり加減を操作できるしくみ。

引き戸を開けると、奥のルームテラスや和室が一体化。透明ポリカーボネート入りの欄間が、引き戸を閉めた時も空間の広がりを感じさせます。

パーティション感覚の間仕切り壁とワークスペースまで続くコンクリート躯体現しの壁が、実寸以上の広さを感じさせてくれる寝室。

コンパクトながら開放感を感じるLDK。家具の木の色味とフローリングや造作棚の色味を揃えていること、目線高さの要素を減らしていることが、空間をすっきり見せている理由。

斜めのラインで玄関土間と床を切り替え。パーケットフローリングのパターンとの連動を感じさせるデザイン。姿見が部屋の反対側まで映し、部屋を広く見せます。

特徴的なパターンのパーケットフローリングが、ワンルーム的空間のアクセントに。オリーブグリーンの壁面は、水平に伸びる空間の広がりを強調しています。

広々と感じるワケは、視界を遮るものや濃い色のものを目線高さに配置していないから。TV背面の壁だけ淡い水色にしてアクセントにしています。

天井を走る鉄筋は、既存天井を解体して出てきたブレース。天井も壁もドアもブラインドもすべて白にして、光がまわる開放的な空間にしています。

長い土間の玄関、かと思ったら、奥は鏡! 下足入れの扉を鏡面仕上げにして、姿見と空間を広く見せるアイデア。 

家族しか出入りしないと割り切って、寝室の壁はボードを貼らずに少しでも広くなるように工夫。外側は木の板を下見板貼りしています。

棚板の位置を変えたり増やしたりできる可動収納棚は、靴が増えても安心。大きな姿見は写り込みで空間に広がりを出す効果も。

キッチンの対面に設けたオープンな洗面スペース。洗面器も水栓も、LDKのインテリアの一部に。

天井付近にポリカーボネートをはめ込んで、抜け感の演出と明かり取りを両立。シナ合板壁の高さと収納の高さが揃っていてすっきり。

フロアの中央に置いた間仕切り壁も、キッチンや収納と同じシナ合板で。壁というより家具のような存在感。

モダンなデザインの木製ガラス引戸。部屋を仕切るだけでなく、部屋を飾る役割も果たしています。

1 | 2