ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

天井の「仕上げ材だけ」を撤去して、天井根太はそのまま残した天井がユニーク。

天井面はコンクリート躯体を現しに、梁は白く塗装。ラフすぎず、小綺麗な印象になります。  

白い壁、グレーの梁、板貼りの天井。空間に落ち着きをもたらすグラデーション。梁を利用した飾り棚も真似したいアイデア。

板貼りの天井とグレーに塗装した梁が、空間に落ち着いた雰囲気を演出。

ドアに注目!ノブに使われているのは、結び目を作って止めただけの麻縄です。

センター部分を白く塗り分けた合板の壁がユニーク。明るさ&開放感だけでなく、奥行きの演出にもなっていますね。

現しにした小屋裏と梁は白く塗装。床に貼った合板の木目とのバランスがグッド。

床と壁に貼った合板は染色塗装。木目の主張が強い針葉樹合板も、こんな仕上げなら軽やかな印象に。

大判サイズで切り出した合板を貼った壁や床が、空間を伸び伸び見せます。

元和室の造りが残る部分と、解体された部分、新たに作られた部分のミックスが面白いリノベーション。

白壁とコンクリート躯体壁のバランスがGOOD。

“天井アゲ”はマンションリノベーションの常套手段。熟考された照明計画で、配線の露出しないすっきり天井を叶えています。

うっすら木目を感じる引き戸。塗装した後、乾ききる前に乾いた布で拭くと、こんな風に木目の衣装が残ります。

天井は白く塗装、梁はそのまま。梁も白くするとそのボリュームが気になるので、コントラストで天井の高さを際立たせるという策略。

玄関ドアのざらりとしたメタリックな質感は塗装によるもの。こんな風に、既製品の質感を変えてしまう手もある。

広い寝室の壁と天井はグレーで塗装。真っ白よりも落ち着いた空間になりますね。

個室の引き戸を開けると一室空間になる間取り。棚やキッチンカウンターの内側に差し色を入れるアイデアが面白い。

壁自体がアートみたい! 「塗りこみすぎない」というのも、ペイントのひとつの手法。

昔の団地っぽいレトロなキッチンの壁と戸棚をさわやかブルーに。それだけで一気にキュートに。

フローリングがカラフル!うっすら木目が見えるのは、ペンキじゃなくてオイルステインという浸透する塗料を使っているから。

昭和フィフティーズな模様入りの天井仕上げ材も、真っ白に塗るだけでなんかオシャレに見えてくるから不思議。

押し入れの引き戸を扉にチェンジ。上下でドアも塗り分けてアクセントに。

パーティション感覚の壁で、目隠ししながらつなげる。羽目板壁は木目がうっすら残るように、オイルステインで塗装しています。

古いアパートのトイレが、床と壁をペンキで塗るだけでレトロかわいいに。便座も変えてさらにイメチェン。

カフェにつくられた半個室っぽいスペース。ここだけ天井がグリーンに塗られていて、きゅっと篭り感が生まれてます。

「壁は白」って誰が決めたの? 大胆な色使いだけど、アンティーク調のフローリングとの組合せで落ち着いた空間に。

アンティーク調フローリングやブリックタイル、エイジング塗装された板壁など、癖の強い素材をビビッドな青でまとめあげるインテリアコーディネートがお見事。

フローリング不可の制限はカラフルなカーペットで楽しんで。壁や天井を落ち着いたカラーにして空間をまとめている。

上半分はクリアー、下半分は白く塗装された壁。同じ合板でも、塗るオイルステインの色で雰囲気が変わります。

同系色の2色使い。こんな色の取り入れ方もアリですね。タイルも合わさってよりグラフィカル。

1 | 2 | 3 | 4