ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

フローリングとタイル、床仕上げの切替で、ひとつの空間に雰囲気が違う二つの居場所をつくるアイデア。

メカニカル&ヴィンテージな風貌がかっこいいトグルスイッチ。操作をする時はもちろん、眺めている時も小気味良い気持ちになれそう。

カウンター兼シェルフでキッチンをゆるく仕切る。奥にチラリと覗くタイルがポイント。

レンガ積みの柱のような壁が空間のポイントに。空間を仕切るオーダーメイドのシェルフの存在感も大。

短めの板で組んだヘリンボーンフローリングが新鮮。

表情のあるグレーの壁と飴色のヘリンボーン床が織りなす、ヴィンテージな雰囲気にうっとり。

アンティークドアのようですが実は新品。ヴィンテージなブルーへの塗装と金物のサイン、レトロな型板ガラスでカスタマイズ。

腰高さまで塗り上げた壁が古いビルのよう。ヴィンテージな雰囲気のブルーのドアは、既製品を塗装したもの。

海外の古いアパートメントの通路のような空間。個室側の間仕切りを腰壁&カーテンにして、明かりが入るように工夫しています。

合板で造作した収納扉を、アンティークな取っ手金物でオリジナルな表情に。

キッチンが収まるタイル壁の高さに合わせてダイニング側の壁も腰高さまでペイント。目線高さの視線の抜けが強調されますね。

荒々しい躯体現しの梁がインテリアのアクセントに。採光面が多く明るい空間に、黒い天井が落ち着いた雰囲気を与えています。

“時間とともに「醗酵」していくような素材選び”を意識してリノベーションしたというこちらの事例。時を重ねることが楽しみになりそうな空間です。

古材をスライスした板を貼った壁。オンリーワンのエイジングが空間に特別感を与えてくれます。

正面の壁に貼っているのは古材をスライスした板。キリっとしたヘリンボーンとのコントラストが面白い。

クローズド型のキッチンも、窓とカウンターを付ければセミオープンキッチンに。モルタル壁やスチールサッシでブースを特徴付ければ、キッチンの存在感もアップ。

黒パテで埋められた節がワイルドなフローリング。インダストリーな家具にマッチしてますね。

アメリカ製のタンブラスイッチと陶器のプレート。こうしたディテールへのこだわりが、インテリアの完成度を上げます。

モールディングドアに白タイル、ハニカム型のタイルの組み合わせがアメリカンヴィンテージ。

押し出しドアに取り付けた真鍮製のプッシュプレート。押せば押すほどいい味が出てきそうです。

「四半目地」と呼ばれる、タイルを45度に貼る仕上げ方。エレガントな雰囲気ですね。

こんな羽目板壁はどうでしょう? アメリカンヴィンテージな佇まいです。

艶のある黒のモザイクタイルと馬目地貼りの小口タイルのコンビがシック。木製のカウンターがワンポイント。

斜めに貼られた大ぶりなタイルが印象的。こうした貼り方は「四半目地」というそう。

アメリカのヴィンテージ家具からのインスパイアを感じる家具たちは、この家を設計したデザイン事務所によるオリジナル。統一感のあるインテリアに仕上がってます。

かすれ気味に塗装されたドアは、エイジング感たっぷり。DIYならではの味わいですね。

アンティーク調フローリングやブリックタイル、エイジング塗装された板壁など、癖の強い素材をビビッドな青でまとめあげるインテリアコーディネートがお見事。

ラフな空間で使われるイメージがある足場板の床ですが、こんな和ヴィンテージなインテリアにも合うんです。

もともとはペカペカのフローリング。足場板を貼っただけで、レトロなストーブや古い家具が似合う部屋に。

ヨーロピアンクラシックな雰囲気にインダストリーなアームライトが意外とハマってます。

1 | 2