ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

ホワイトとグレー、明るい木と差し色のイエロー。内装仕上げから家具まで、使う色と素材が考え抜かれた空間づくり。

こだわりの家具の用途と配置と寸法をベースに設計された空間。家具が引き立つよう装飾を控えた内装は、まるでギャラリーのよう。

三角屋根がつくる陰影が美しい壁と天井は塗装仕上げ。わずかにグレーがかった白で、落ち着いた雰囲気に仕上げています。

空間がすっきり見えるワケは、壁と床・天井の境目に「巾木」と「廻縁」がないから。細かい部分ですが、見栄えはぐっと変わります。

壁もキッチンも家具もモノトーンでまとめられたシックな空間。床は、キリッとした表情のウォルナットのフローリング。

扉付きの収納は白ですっきり、上部はオープン棚にして抜け感を出したリビング収納が素敵。

白と木で構成されたシンプルな空間。コンクリート躯体に塗装した壁のラフな質感がアクセントになっています。

長さ2.7mの造作キッチン。収納は天板より下とパントリーに集約して、すっきり広々とした視界が広がる空間に。

二つ並んだドアの中はトイレとサニタリー。合板の微妙な色味の違いがパッチワークのようで、インテリアのアクセントになっています。

キッチンは壁で手元を隠し、目線高さより上をすっきり。プレーンな空間に木の素材が引き立ちます。

壁面いっぱいを覆うのではなく、ショートスパンで取り付けた棚が軽やか。正面の壁の奥に空いた穴も、空間に抜け感をつくっています。

余計なものが一切ない空間。フローリングや木製建具はホワイト系オイルで塗って一層明るくシンプルに。

左側の白い壁のブース内はキッチン。生活感を感じさせる要素を極力排除して、名作家具と窓外の景色が引き立つ空間に。

四角くくり抜かれた白壁、コンクリートの壁天井、鏡面仕上げされた窓辺。アートと名作家具に囲まれて暮らすことをテーマにつくられた、ギャラリーのような空間。

格子入りのガラス戸がナチュラルトーンの空間のアクセントになってますね。

リビング隣の個室は、引き込み戸にしてフルオープンできる仕様に。奥の部屋の家具と色調を揃えた建具枠が効いてます。

壁に色や柄を取り入れて、お部屋に華やかさをプラス。空間に奥行きを演出する効果もあったりします。

三角屋根に小窓がちょこんとついた家。2棟をつなぐ板壁が外観のアクセントに。

壁と同じく真っ白に仕上げた切妻型の天井。距離感が曖昧になって、天井をより高く感じさせます。

壁の一部だけネイビーに。空間がきゅっと締まりますね。

デコラティブなテイストにグレーを合わせるとシックな雰囲気になります。

コンクリートブロックにはラフな印象がありますが、白く塗ると一味違った表情。

家具みたいな脚を付けた置き型バスタブ。カッコイイだけじゃなくて、掃除がしやすいというメリットもあるそうです(住人談)。

スチール製のカーテンレール。主張しないけどデザインされてる窓辺。

ダブルのカーテンレールはスチールで作ったオリジナル。麻のカーテンもシンプル。

造作した木のカーテンレール。さりげない部分に見えて、窓辺の雰囲気づくりを大きく担う存在。

ありきたりな壁紙とはひと味違うこの質感。漆喰の壁は、光も影も美しく見せます。

合板で作ったシンプルな洗面台。ウレタンクリア塗装すれば水から木を保護できます。

角材と集成材の天板で作ったキッチンは給排水&ガス工事以外はDIY。木のフレームだから、棚板や扉を追加するのも簡単そう。

押入の襖を外してワークスペースに。古い団地の間取りの名残が感じられて面白い。

1 | 2