ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

青みがかったグリーンのタイルとブラウンに着色した木のキッチンがレトロな味わい。

キッチンはあえて、昔懐かしい型のシステムキッチンをセレクト。レトロな100角の白タイルも床から天井まで貼ることで新鮮な表情。

下部収納なしの軽やかなキッチン。頭上高さも薄型のレンジフードと最低限のオープンラックですっきり。

フローリングとタイル、床仕上げの切替で、ひとつの空間に雰囲気が違う二つの居場所をつくるアイデア。

エイジング感のあるタイルが出迎える玄関。リビング側の壁に室内窓を設置して明るく華のある場所に。ペンダントライトの高さが絶妙です。

サブウェイタイルの光沢がシンプルな空間にシックな雰囲気をプラス。ところどころにコンクリート躯体現しを盛り込んでいるのも、インテリアに抜け感をつくっています。

タイルを貼った窓台。 こんな風に仕上げにひと工夫すると、窓辺が飾りがいのある空間に変わります。

ヨーロッパのアパートメントのようなバスルーム。窓にルーバー建具をつけるアイデア、目隠し&通風もできていいですね。

白と黒、ツートーンの細長いタイルで壁面を仕上げたキッチン。オープンラックの棚受けや直付け照明も黒で揃えて、凛とした印象に。

ステンレス天板、タイル、吊り棚、レンジフードの水平ラインがキリッとしていて心地いいキッチン。横方向への空間の広がりを強調する効果も。

玄関の上框は、土間からちょっと浮くように造作。外から内に入る時にちょっと間を置かせるような、「間合い」を感じさせるデザインです。

ノーマルなイメージの100角白タイルも、馬目地貼り&目地色をグレーにするとひと味違った雰囲気に。鉄の棚受けやハンガーバーもよく似合っています。

立体的な模様が施されたタイルを洗面まわりのインテリアのアクセントに。

フレームと天板のみのキッチンに、合板の棚。背景となる壁にはシックなタイルを貼って、適度にカジュアルなキッチンに仕上げています。

階段には、飾り棚としての可能性もあります。

約1.2m四方のアイランドキッチン。複数人での調理もティータイムにもちょうど良いサイズ感。

丸タイルの有機的なパターンは施主自ら組み合わせたもの。洗面器の横の作業スペースは、メイクをしたりちょっと物を置いたりと重宝しているそう。

細部の収まりが美しいキッチン。テーパー形状のサブウェイタイルがノーブルな雰囲気を醸し出します。

露出した木の柱や梁、ロフトにブリックタイル。木造の小屋を住居にリノベーションしたような空間。

モールディングドアに白タイル、ハニカム型のタイルの組み合わせがアメリカンヴィンテージ。

ダイニングの壁をボーダータイル仕上げに。こんなアクセントウォールも素敵ですね。

リビングドアはチェッカーガラス入り。渋めインテリアカラーの中でレトロな柄タイルが効いてる。

ブルックリンのアパートメントのよう。古材のフローリングは幅が細くて、どこか昔懐かしさがあります。

焼物らしい質感を持つタイルが、甘過ぎない渋レトロな雰囲気をつくってます。

タイルのソリッド感とカップボードの木のコントラストが良いバランス。

壁全面がタイル貼りの浴室はホテルっぽさを感じます。スタンダードな100角白タイル&いも目地貼りは飽きがこなそう。

人気のランタン型タイル。複数色ミックスのカラフルなパターンをよく見かけますが、ベージュ単色でまとめるのもシック。

タイルの淡い色合いが洗面空間をやわらかい雰囲気に。

引き戸が当たる部分の余白を残した貼り方が、スタンダードな100角白タイルを印象的に見せます。

壁の下部分だけタイル貼りに。昔の日本の家のお手洗いを思い起こさせる、玄人なレトロ感演出テクニック。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9