ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

キャメル色のソファや床、躯体現しのラフな梁、そしてブルーが鮮やかなランタン型タイル。エキゾチックな雰囲気が漂っています。

ゲストを招く機会が多い住まい手の家。ゲストも使うサニタリーは、ランドリースペースをカーテンで目隠し。

色の濃淡と艶感がきれいなタイルをキッチンの顔に。白いキッチンとブルーの壁で一層さわやかな場所に。

キッチンはあえて、昔懐かしい型のシステムキッチンをセレクト。レトロな100角の白タイルも床から天井まで貼ることで新鮮な表情。

フローリングとタイル、床仕上げの切替で、ひとつの空間に雰囲気が違う二つの居場所をつくるアイデア。

エイジング感のあるタイルが出迎える玄関。リビング側の壁に室内窓を設置して明るく華のある場所に。ペンダントライトの高さが絶妙です。

丸タイルの有機的なパターンは施主自ら組み合わせたもの。洗面器の横の作業スペースは、メイクをしたりちょっと物を置いたりと重宝しているそう。

タイルを貼った窓台。 こんな風に仕上げにひと工夫すると、窓辺が飾りがいのある空間に変わります。

馬目地貼りのタイルとホーローキッチンがクラシカルな雰囲気。収納はすべて扉付きにして電子レンジもカウンターの中に。見せたい要素だけを見せる。

キッチンの対面に設けたカウンターテーブルと上部のペンダントライトがカフェ気分。カウンター天板の上のタイル貼りが雰囲気を一層アップ。

青みがかったグリーンのタイルとブラウンに着色した木のキッチンがレトロな味わい。

玄関の上框は、土間からちょっと浮くように造作。外から内に入る時にちょっと間を置かせるような、「間合い」を感じさせるデザインです。

サブウェイタイルの光沢がシンプルな空間にシックな雰囲気をプラス。ところどころにコンクリート躯体現しを盛り込んでいるのも、インテリアに抜け感をつくっています。

約1.2m四方のアイランドキッチン。複数人での調理もティータイムにもちょうど良いサイズ感。

ダイニングの壁をボーダータイル仕上げに。こんなアクセントウォールも素敵ですね。

リビングドアはチェッカーガラス入り。渋めインテリアカラーの中でレトロな柄タイルが効いてる。

焼物らしい質感を持つタイルが、甘過ぎない渋レトロな雰囲気をつくってます。

キッチンは既存のものの面材をオークの突き板に変更。オープン棚とレンジ類が置ける台を造作して、収納量と作業スペースを確保。

洗面まわりの金物はゴールドカラーで統一。毎日使う洗面室は、気持ちいいと思える空間に仕上げたいですよね。

ランタン型タイルが華やかな洗面室。合わせるカラーをグレーとゴールドに絞って、完成度の高いインテリアに仕上げています。

ブルーが鮮やかなランタン型タイルとマスタード色の吊り戸棚がキャッチー。ワークスペースの背後はパントリーになっています。

タイルとアンティーク風の水栓が気分を上げてくれそうなサニタリー。タイル壁の上やミラーキャビネット上に付けた棚が何気に便利そう。

大きな鏡と洗面器横のカウンターが、二人で使う時も便利そうな洗面室。馬貼りしたタイルとマリンランプがアクセント。

躯体をグリーンで塗った壁、白タイル貼りの壁、黒壁、木のキッチンと、パッチワークのように色と素材が組み合わさった様が面白い。

カーテンで仕切ったクローゼットの横に配置した洗面台は、身支度に便利そう。床面が奥まで見える収納計画で、空間をすっきり広々感じられるようにしています。

キッチンを手元高さまで隠す壁。クラフト感のある表情と鮮やかなカラーが印象的なタイルを貼って、印象的な場所に仕上げています。

木とステンレスで造作したキッチンに合わせたタイルはモカ色。シャープ感と柔らかな雰囲気が同居しています。

玄関を入ってすぐ、キッチンスペースの一角にある洗面スペース。帰宅後の手洗いがしやすく、壁幅いっぱいに貼った鏡は空間に奥行きを出す効果も。

150センチ角の白タイルを馬目地貼り。グレーの目地がモダンな印象に仕上げています。

右奥のドアの先はトイレ。カウンターデスク部分の袖壁が、トイレの出入りをさりげなく隠してくれます。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9