ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

ぐるりと回遊できるⅡ型キッチンは、料理も片付けもはかどりそう。合板の小口を見せたステンレス天板がシャープです。

まるでテーブルみたいな、華奢なスチール脚のキッチンが特徴的。グリーンを天井の電線管に吊るすアイデアがオシャレ。

予算300万円でリノベした約90平米のワンルーム。スケルトン天井のガランとした空間は、それだけでもクール。

既存の仕上げを取り払ってスケルトンにした天井の最高高さはなんと3.6m!映画に出てきそうな部屋です。

むき出しの電線管とむき出しのコンクリート天井。

電線管で天井をデザイン。見上げたときの景色も抜かりなく。

洗面器の横にアクアリウム。天井の照明を点けず、アクアリウムの光だけで過ごしたら、幻想的な気持ちになれそう。

左側の白い壁のブース内はキッチン。生活感を感じさせる要素を極力排除して、名作家具と窓外の景色が引き立つ空間に。

四角くくり抜かれた白壁、コンクリートの壁天井、鏡面仕上げされた窓辺。アートと名作家具に囲まれて暮らすことをテーマにつくられた、ギャラリーのような空間。

箱のように置かれたトイレの奥はウォークスルークローゼットで、リビングにつながっています。クローズドな空間のない、光と風が抜ける回遊性のある間取り。

木と白のコンビネーションがモダンなキッチンと、焼き物独特の色むらが美しいタイルのコンビネーションが秀逸。

重厚感ある素材でまとめた空間。黒い間仕切り壁の上部の空きや、白壁、玄関までの見通しで“抜け感”をつくっているのがポイント。

コンクリートとステンレスと古材調の板で仕上げたキッチン。そこだけ白く塗った柱がアクセントです。

背後のスケルトン壁に負けないインパクトを放つ、古材調の板を貼ったキッチン。

ブラックウォルナットの床、アンティークのドア、古材調の板材を貼ったポイントウォール、コンクリート躯体の天井。主張あるアイテムで彩られた空間。

羽目板貼りとサブウェイタイルの組み合わせが、オールドアメリカンな雰囲気。

キッチンの足元だけタイル貼りの土間に。掃除がしやすそうです。

リビングボードの背面にポップな壁紙。背景が賑やかだと、モノを置いても雑多な感じになりにくい。

マットな艶感のある塗装壁と、オリジナルブロックのカウンター、合板貼りのキッチン。メリハリの効いた素材使い。

独特な意匠のブロックは、沖縄の建築によく使われる花ブロック。リゾートと屋外の雰囲気が同居してる。

ランダムに木を貼り合わせたようなキッチンがカフェっぽい。足場板の床とも好相性。

荒々しい床にトタンの壁、単管パイプと合板で作ったロフト。秘密基地のような無骨空間。

どことなく「船」をイメージさせる空間。船舶照明がインテリアの要になっています。

古材貼りのキッチンと壁の存在感が大。

10数年前のニューヨークの事例。これぞロフトカルチャー、な空間。

コンクリート壁&天井に足場板の床。倉庫をリノベしたようなクールな空間ですが、ここはマンションの1階住戸。

淡いカラーの塗装壁が、主張ある素材たちをまとめています。

ハードな天井に負けない色と素材を合わせて調和を図る。

壁の骨組みに片側だけ板を貼って、裏側をディスプレイ棚に活用。

天井がむき出しでも、床が木ならあたたかみがあるデザインになります。

1 | 2