ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

エイジング感のあるタイルが出迎える玄関。リビング側の壁に室内窓を設置して明るく華のある場所に。ペンダントライトの高さが絶妙です。

既存のクロスを剥がして出てきたボンド跡をそのまま露出した壁がアートのよう。モダンな琉球畳の小上がりともマッチしています。

サブウェイタイルの光沢がシンプルな空間にシックな雰囲気をプラス。ところどころにコンクリート躯体現しを盛り込んでいるのも、インテリアに抜け感をつくっています。

窓外の運河の風景に目が奪われます。お気づきでしょうか、バルコニー側の壁が鏡面仕上げなことに。室内が映り込み、部屋の中に運河があるような不思議な感覚に。

間仕切りを兼ねた収納は、将来の間取り変更に対応できるよう、床を壊さずに取り払えるように作られています。

本棚を並べれば「廊下」が「書斎」に。憧れの壁一面の本棚も、こんな方法なら実現しやすそう。

収納上手への道は収納づくりから。そんなことを思わせるIKEAの収納システムを使ったクローゼット。

玄関の上框は、土間からちょっと浮くように造作。外から内に入る時にちょっと間を置かせるような、「間合い」を感じさせるデザインです。

キッチンの奥にあるのは洗面室と浴室。さらに、キッチンの手前側にはバルコニーがあり、料理の合間に洗濯をしたり干したりと、家事がとっても効率的にできそう!

壁をくり抜いたようなベッドスペース。こもり感とワンルームの開放感を同時に味わえる面白いアイデア。

コンクリート躯体壁と鉄の硬質な素材に、木でやわらかさを、白でさわやかさをプラス。天板と棚板の厚みが揃っていて、水平のラインがキレイ。

立体的な模様が施されたタイルを洗面まわりのインテリアのアクセントに。

丸タイルの有機的なパターンは施主自ら組み合わせたもの。洗面器の横の作業スペースは、メイクをしたりちょっと物を置いたりと重宝しているそう。

細部の収まりが美しいキッチン。テーパー形状のサブウェイタイルがノーブルな雰囲気を醸し出します。

壁際にベッドを寄せて置くと、柱があってドア側の壁とベッドに妙な隙間ができてしまうので、柱の奥行きに合わせて腰高さまで壁をふかして、ヘッドボード代わりに。

「廊下」をただ通り抜けるだけの場所にするのはもったいない。質感のある壁とお気に入りを並べた本棚で、特別な場所に。

左官壁の質感に、金属板から切り出しただけのアルミのスイッチプレートが映えます。

すっきり何もないトイレ空間。床のタイルと真鍮色のペーパーホルダーが印象的です。

床と腰壁までを同じ大判タイルで仕上げた洗面室。重めのカラーリングに対して、壁付けの洗面器&壁掛けミラーで軽やかさを演出。

マンションのリノベーションではフロアの段差が生まれがち。こちらの事例ではステップの踏板をあえてたっぷり、横幅も間口以上に設けることで、床のような棚のような存在に仕立てています。

左側の開口部の奥は玄関とサニタリー。配管などを通すためにできたフロアの段差を、TV台や小上がりのステップと連動させて内装の一部に。

小上がりに登るステップのディテールにも気を抜かず。質感のある塗装で蹴込みを仕上げています。

ダウンライトを空間の隅のほうに配置し、ペンダントライトは吊るす位置を決めて引っ掛けシーリングを設置して、天井をすっきり。頭上の要素が少ないと、空間全体もすっきりして見えますね。

さまざまなテイストがMIXしたインテリアをまとめ上げているのは、ベージュ寄りのグレーでペイントした壁と天井。壁はテクスチャーを出すために、プラスターボードの「上」にGLボンドを塗ってからペイントしています。

IKEAのクローゼットシステムをフル活用。床から浮かせているのは、お掃除ロボットによる掃除しやすさへの配慮。

洗面室直結のウォークインクローゼット。朝夕の身支度がスムーズにできそう。洗面台のシンク横にスペースがあるのも便利そうです。

トイレにスマホなどをおけるちょっとした棚があると便利。壁の上部に付けた扉付き収納は天井付けにせず、ちょっと間を空けて抜け感をつくっています。

インテリアに不釣り合いな古いインターホンは、扉付きのニッチ収納で隠す! ちょっとしたことですが、壁面の見栄えはぐっと変わりそうです。

玄関土間とフローリングの切り替わり部分に注目!「上がり框」と呼ばれる箇所なんですが、もし、ここが土間にべったりくっついていたら、どうでしょう。浮き上がるように納めたフローリングが軽やかな印象をつくっています。

ユニークなデザインのコート掛けは、設計士に依頼して作ってもらったオリジナル。

1 | 2 | 3 | 4