ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

足場板を貼った壁。ラフなイメージが強い足場板も、白く塗るとナチュラルな雰囲気。

無骨さとレトロ感が同居するタンブラスイッチ。

白い梁と柱にフレーミングされたようなコンクリート壁がきれい。窓辺の梁下に取り付けたハンガーパイプが「ちょい掛け」に便利そう!

壁面の意匠にこだわるなら、スイッチにも。コンクリート躯体壁にオンしたのはトグルスイッチ。

下部がオープンな洗面台は空間広々。タイルで水はね対策をしつつ空間をドレスアップ。

ウッディな面材のシステムキッチンに、サブウェイタイルをコーディネート。床はタイル風のクッションフロアで、見た目とコストとメンテナンスの三者を両立。

白く塗った羽目板壁が出迎えるエントランス。マリンブラケットライトと相まって、海辺の小屋的雰囲気。

クローゼットの扉も壁と同じ板貼りに。面の広がりが生まれ、空間がのびのびします。

古材をスライスした板を貼った壁。オンリーワンのエイジングが空間に特別感を与えてくれます。

欠けやヒビがヴィンテージ感を漂わせるブリックタイル。目地のラフに塗り込んでいることもポイント。

板貼りの壁にはクローゼットの扉が潜んでいます。中のウォークインクローゼットはその先の個室へ抜けられるつくり。

ガラス入り框戸や室内窓で視線が抜けるLDK。足や物がぶつかりやすい下部を板貼りにした框戸は、床面が散らかりがちなキッズスペースの目隠しにも。

正面の壁に貼っているのは古材をスライスした板。キリっとしたヘリンボーンとのコントラストが面白い。

クローズド型のキッチンも、窓とカウンターを付ければセミオープンキッチンに。モルタル壁やスチールサッシでブースを特徴付ければ、キッチンの存在感もアップ。

黒く塗装した梁とアイアン家具の黒がポイント。茶系素材で構成された空間をぐっと引き締め、まとめ上げています。

靴は扉付き収納ではなくオープンラックに。 広がりを感じる玄関になりますね。

鮮やかカラーの壁紙を一面取り入れるだけで、トイレ空間の居心地はがらり変わります。

細長いボーダータイルは、上質で洗練された雰囲気。 床はハニカムタイル風のPタイルで、機能性とコストと見栄えを両立。

着目してもらいたいのは、窓辺のデザイン。 窓枠を隠して外の景色をフレーミングしつつ、細かい凹凸を少なくして空間をすっきりシャープに演出。

木製室内窓の先にあるのはキッチン。 空間に抜け感をつくるだけでなく、壁のアクセントにもなっています。

コンクリート躯体の壁が空間のアクセントに。 照明が仕込まれた板壁のキッチンカウンターも参考にしたいアイデア。

右奥の収納があるスペースは、あとから壁や引き戸をつけて個室にすることもできそう。 室内窓もあり、フレキシブルに使える場。