ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

既製品の本棚もあるけれど、好きな板と好みの棚受けで、オンリーワンの本棚を作るのも楽しい。

足場板の古材と鉄の棚受けは黄金タッグ。こんな壁なら、靴が増えても棚の増設がカンタンですね。

「和室も欲しい」というニーズ、特に戸建てでは多いと思うんですが、このお宅のような「フローリングに置き畳」という方法は部屋の使い方の自由度が上がってオススメです。

断熱をしっかりすれば、木造戸建てでもこんな開放的な空間づくりが可能に。 ライフスタイルの変化に合わせて壁をつくっていくような暮らし方も面白そう。

コンクリート躯体現しの天井と梁、白壁のバランスが絶妙。ライティングダクトレールのレイアウトもキレイ。

天井に取り付けたアイアン製のハンガーパイプ。グリーンを飾る以外にもいろいろ使えそう。

ソファの後ろの壁にはめ込んだのは、室内窓代わりに取り付けた鏡。写り込みによって広がりのある空間になっています。

木の梁にボルトフックを取り付けて、憧れのハンモックライフ。 ライティングレールに電球という組み合わせも参考にしたい。

目線をつなげ、空間を広く見せる効果ももたらす室内窓。こちらのお宅ではアンティーク窓を組み込んで、インテリアとしての役割もプラス。

アルミ材と木で作った外囲いは、味わいがあるけどシンプルモダン。

鉄の棚受けと足場板で作った本棚。しまう本や雑誌の高さに合わせて壁面を無駄なく活用。

構造用合板のラフな壁に、キレイめ木目のカウンター収納をオン。参考にしたい「木×木」の組み合わせ方。

構造用合板の壁は釘もフックも付け放題だし、色を塗ってイメージを変えてもいい。 「自由にできる壁をつくる」ことが、暮らしを楽しむ空間づくりのコツかも。

室内窓のおかげで多方向に視線が抜けて、部屋に開放感が生まれています。

合板の壁に真鍮のタオル掛けを合わせて、上品さをプラス。

木目の強い合板をヘリンボーン柄に貼ることで垢抜けた雰囲気に。

合板をヘリンボーン柄に貼り合わせたドアと壁がユニーク!ラフな素材なのにシックにも見える、ひねりのある合板の使い方ですね。

自転車も置ける広さがある土間の玄関。左の壁に設けた室内窓も、開放的な玄関づくりに貢献。

梁下まである大容量の下足入れは実は既製品。 取り付け高さやサイドの壁との納まりを工夫して、オーダーメイドな見た目に仕上げています。

壁の余白に設けたAVシェルフは、壁付けにして浮いたようなデザインに。 床の角が見えると空間がすっきり見えますね。

明るいトーンの木に濃紺を組み合わせてシックに。水はねに考慮したタイルがアクセントに。

明るい色の木、グレー、白、黒。 床・壁・天井各面への配色のバランスが秀逸! 壁に貼った鏡による抜け感も効いてます。

オープンキッチンのリビング側を小物用の棚に。 きっちり収納にする手もあるけど、こうした飾る場があると空間にゆとりを感じます。

明るいトーンの木と白の組み合わせはナチュラルに寄りそうだけど、艶ありタイルでクールに。 鉄の棚受けや小物で黒を効かせて。

タイルを貼った窓台。 こんな風に仕上げにひと工夫すると、窓辺が飾りがいのある空間に変わります。

天井にボルトフックを取り付けておいて、窓辺にハンガーバーを吊るす。室内干しの参考にしたいアイデア。

小ぶりなシェードのペンダントライトを色違いで。 スポットライトも並列させて、照らしたい場所によってライトを使い分けしています。

グレーと明るいトーンの木を基調に、白と黒をアクセントに効かせたインテリアは、「グリーンを配置して完成」するように計画されたもの。

玄関から居室に入る部分に設けた格子扉は、スチール製。土間床と板壁と相まって、庭のような雰囲気。

ラフなイメージがある板壁も、板を斜めに貼るとスマートで都会的な雰囲気になりますね。

1 | 2