ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

まるでテーブルみたいな、華奢なスチール脚のキッチンが特徴的。グリーンを天井の電線管に吊るすアイデアがオシャレ。

アメリカ製のタンブラスイッチと陶器のプレート。こうしたディテールへのこだわりが、インテリアの完成度を上げます。

玄関横に設けた細長い土間。ベビーカーや自転車なども置けて便利そう。上部の棚には服が掛けられるようになってます。

モールディングドアに白タイル、ハニカム型のタイルの組み合わせがアメリカンヴィンテージ。

白タイル貼りのバスルーム。浴槽から上の壁は自由に仕上げられるハーフユニットバスを採用。

シンクが付いたカウンターとダイニングテーブルを一体化。コンロ側のワークスペースも広々で、作業がしやすそう。

スチールで造作した室内窓。細めの格子がスタイリッシュです。

室内窓から隣室のコンクリート躯体壁が覗くのが、アートを飾っているみたいですね。

既存の壁仕上げを剥がして出てきたボンド跡を意匠として見せてしまうアイデア。

コンクリートとステンレスと古材調の板で仕上げたキッチン。そこだけ白く塗った柱がアクセントです。

背後のスケルトン壁に負けないインパクトを放つ、古材調の板を貼ったキッチン。

マンションの共用通路との間に土間をつくって、間仕切り壁には室内窓を取り付け。音の漏れ対策をしつつ通風と採光を確保。

細いスチール角パイプを溶接して天板と組み合わせた、インダストリーなキッチン。シンプルなのに絵になる!

ブラックウォルナットの床、アンティークのドア、古材調の板材を貼ったポイントウォール、コンクリート躯体の天井。主張あるアイテムで彩られた空間。

壁に室内窓を付けて、個室にも廊下にも開放感をプラス。子どもの様子が伺えたりしていいですね。

吊り戸棚はIKEAのアイテムを塗装。下部のキッチンは造作。色を揃えてまとめるテク。

羽目板貼りとサブウェイタイルの組み合わせが、オールドアメリカンな雰囲気。

吹き抜けとトップライトは新たにつくったもの。木造戸建てのリノベなら、こんなこともできます。

既存の壁を撤去して出てきた柱と筋交いをそのまま現しに。ほどよく空間の間仕切りになってます。

壁の内側から天板を支えるつくりのカウンターやデスクは、脚がない分壁がすっきり見えますね。

フローリングはワックス仕上げ。パイン材の木目が生きる仕上がりです。

小屋裏まで見せてラフにするケースが多いけれど、こんな風に小屋組みだけ見せて、面部分は白くキレイに仕上げるのも新鮮。

有孔ボードの壁にタンブラスイッチ。倉庫みたいなラフな組み合わせ。

天井いっぱいまでの収納に冷蔵庫もイン。ルーバー戸は換気ができて、食器や食品ストックの保存にグッド。

ラインを揃える「芋目地」貼りをしたボーダータイルが凛とした雰囲気を醸す洗面室。

パーティション感覚で空間を間仕切る。書斎やキッズスペースにいいアイデア。

ステンレス天板の大きな作業台を併設したキッチン。調理にサーブに食事に、いろいろ使えそう。

キッチンの足元だけタイル貼りの土間に。掃除がしやすそうです。