ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

隣合うスペースに対して仕切りなくつながる洗面スペース。床はコンクリートのような意匠のPタイル。

正面のルーバー引き戸は浴室に続く脱衣所の出入り口。洗面台もダイニング側にオープンに配置して、空気がこもらず開放的なサニタリーづくり。

アンティークのパイン材ドアとシックなピンクのペイント壁でコーディネートしたサニタリー。ヨーロッパの家のような雰囲気。

ゲストを招く機会が多い住まい手の家。ゲストも使うサニタリーは、ランドリースペースをカーテンで目隠し。

スクエア型のタイルとラウンド型の照明付きミラー&洗面ボウルの組み合わせがアーティスティック。定番モノの100角タイル、IKEAのミラーという、アイテムの組み合わせにセンスを感じます。

丸タイルの有機的なパターンは施主自ら組み合わせたもの。洗面器の横の作業スペースは、メイクをしたりちょっと物を置いたりと重宝しているそう。

洗面があるのは、玄関からリビングにつながる通路上。床から浮かせる&鏡の効果で圧迫感を感じさせず、空間広々。ペンダントライトを添えているのも「洗面」っぽさをなくしています。

ランタン型タイルが華やかな洗面室。合わせるカラーをグレーとゴールドに絞って、完成度の高いインテリアに仕上げています。

タイルとアンティーク風の水栓が気分を上げてくれそうなサニタリー。タイル壁の上やミラーキャビネット上に付けた棚が何気に便利そう。

洗面室を使うタイミングが家族一緒になるとき、必要なのは洗面器よりもミラーの大きさかも。上部に取り付けたパイプハンガーは、一時干しや室内干しに便利そうです。

大きな鏡と洗面器横のカウンターが、二人で使う時も便利そうな洗面室。馬貼りしたタイルとマリンランプがアクセント。

カーテンで仕切ったクローゼットの横に配置した洗面台は、身支度に便利そう。床面が奥まで見える収納計画で、空間をすっきり広々感じられるようにしています。

パントリーを経由してキッチンとつながるサニタリーは家事効率が良さそう。意外と置きたいものが多いサニタリー、洗濯機上には棚を造作しています。

サニタリーから飛び出して、LDKの一角に据えた洗面台。手洗いや歯磨きをする時も家族とコミュニケーションが取れるレイアウトです。

帰宅したら即、手洗い&うがい!がスマートに実現できそうな、玄関横に洗面室というレイアウト。

朝の洗面台争奪戦を平和的に解決できるダブルシンク。大きなミラーは空間を広々見せる効果も。

サニタリーと廊下の仕切りはカーテン。入浴時以外は開けっ放しにすれば、湿気がこもらず、洗濯動線的にも便利そう。

下部をオープンにした洗面台は、その時々の使い勝手に合わせてカスタマイズしやすそう。

玄関を入ると、出迎えるのは広々した土間と洗面スペース。洗面があることで、いろんな使い方ができそうな場所です。

玄関を入ってすぐ、キッチンスペースの一角にある洗面スペース。帰宅後の手洗いがしやすく、壁幅いっぱいに貼った鏡は空間に奥行きを出す効果も。

洗面器のサイドにスペースをつくった洗面台は、使い勝手が良さそう。空間も広々感じられますね。

表面にモールドがあしらわれたドアがクラシカルな雰囲気。脱衣スペースと洗濯機はカーテンで仕切って目隠しできます。

白いインテリアとガラスシェードのブラケットライトで明るい洗面室。ミラーを付けたグレーの壁はキッチンパネルとしても使われる化粧板仕上げで、水ハネに対応。

漆喰と木のナチュラルなテイストに、スイッチプレートや水栓などのパーツで金属を取り入れてアクセントに。ロングカウンターは複数人で洗面室を使いたい時に便利そう。

湿気が篭りやすい洗面脱衣室は、ルーバー扉で通気性良く。声が通るので子供の様子が伺いやすいという利点もありますね。

ボンド跡を残したラフな雰囲気のコンクリート躯体壁と、クラシカルな洗面パーツの組み合わせにセンスを感じます。

収納一体型の洗面台とミラーで、収納力と機能とコストを両立。リネストラランプでシャープに演出。

サニタリースペースの中にあるトイレ(ドア付き)。床はドア枠で仕上げを切り替えず、ひとつながりの仕上げに。

玄関からLDKへ続く通路上に造作した洗面スペース。壁幅いっぱいのミラーの映り込み効果で、空間に奥行きが生まれています。

街灯のような直付け照明が出迎える玄関。LDKへの通路上にある洗面が便利そう。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6