ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

小屋裏を開放するなら、ロフトでスペース活用しなきゃ損。

荒々しい合板の表情を、列ごとに木目を揃えて端正に見せる。職人の丁寧な仕事っぷりが光ります。

芝を植えた坪庭。ショーケースみたい。

アームライトとトグルスイッチを一体化させた造作プレート。操縦室っぽい。

ニッチに板を渡してアクセントに。板が穴の内側に収まっているのが、玄人の美しいおさまり。

ヴィンテージ感たっぷりの板貼り収納は既存。良いものは活かす!がリノベの基本。

日常のひとコマをトリミングする木のトンネル。開放的なダイニングとはまた違った居心地。

部屋のような通路のような。木のトンネルはリビングとダイニングをつなぐもうひとつの場。

見切りは合板の小口を見せるデザイン。ラフな素材でも、ひと手間加えると見栄えが変わります。

宙に浮いたようなドアの先はトイレ。フロアが広く見えます。

家具みたいなキッチン。そのワケは、浮かせた足元と壁埋め込み式の換気扇。

滑止めに使っているのは、なんとLアングル鋼。いい感じの錆び具合。

合板、2×4材、2×10材。ホームセンターでもお馴染みの素材でつくった、親しみやすさのある空間。

室内側は合板仕上げ。窓の外、廊下側の壁は骨組みを見せて。作りかけっぽいのが面白い。

間仕切り壁の骨組みをあえて見せて。作りかけみたいな余白を感じる空間づくり。

板壁をくり抜いただけの、覗き穴みたいな窓。

大道具のセット裏みたいな裏側感。裏にはどんな空間が?とワクワクする。

入口ドアの内側にもうひとつのドア。奥は何だろう?と覗いてみたくなる。

壁の骨組みに片側だけ板を貼って、裏側をディスプレイ棚に活用。

一番気持ちのよい窓辺にロングカウンター。窓外の花台兼デッキは室外機隠しの目的も。

壁に掛けても、台に立て掛けても使える、フック付きの可動式ミラー。

サーフボードは根太だけのロフトにオン。下から差し込むように収納できそう。

海色の壁は白、ブルーグレー、エメラルドグリーンを重ねて塗装、乾き切る前に布で押さえてムラ感を出したもの。

ソーホースブラケットを使ったテーブル。使用しないときは解体できます。

大きな木枠のガラス戸で、開けても開放的、閉めても開放的。

大きな木枠のガラス戸をフルオープンすれば、通りとの境界が曖昧に。

モールディングにパーケットといったクラシックな要素も、シャープな空間に合わせるとモダンに。

出入り用の間口までスッパリ。ヘアサロンだけに、デザインの切れ味も鋭い。

スパッと水平にスリットが入った四角いブース。籠り感と抜け感を同居させるデザイン。

ガラスドアで空気は仕切りつつ、窓からの光を取り込む。

1 | 2