ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

板貼りの天井とフローリングがリビングの奥行きを強調。室内窓も空間に広がりをもたらしています。

在来工法とも呼ばれる木造軸組構造の「1間=約1820mm」という基本モジュールを生かし、柱の間の鴨居と敷居に建具をはめ込んで間取り変更できるようにした空間。

白い壁、グレーの梁、板貼りの天井。空間に落ち着きをもたらすグラデーション。梁を利用した飾り棚も真似したいアイデア。

靴の収納は、扉付き収納ではなく可動式のオープンラックに。ベビーカー置き場にも困りません。玄関横にハンガーラックがあるのも便利そう。

室内窓の先にあるのは、個室に面した廊下。空間に広がりと明るさをもたらし、家族の気配もつなぐキーアイテム。

板貼りの天井とグレーに塗装した梁が、空間に落ち着いた雰囲気を演出。

壁に室内窓を付けて、個室にも廊下にも開放感をプラス。子どもの様子が伺えたりしていいですね。

オフィスの打合せスペースに黒板。ホワイトボードもいいけど、黒板のレトロさをインテリアにするのもアリ。

スチールフレームのガラスパーティション。視線はつながるけど、スチールの存在感が空間をしっかり仕切ります。

上下対称なアート的空間。ぽっかり空いた口のような通路は鉄板仕上げ。

板貼りの天井にワザと溝を付けて気を引く。