ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

背板のない棚を窓の前に。明かりは取れるし、棚の印象も軽やかです。

水彩絵の具で描かれたようなサインは、漆喰塗りになんと色鉛筆仕上げ!

壁に掛けられた白い額は、窓を板で塞いだもの。採光もビューもないなら、塞いで別の機能をもたせるのも一案ですね。

アートな柄が施された引き戸は、施主制作のゴム判をスタンプしたもの。オリジナル柄が楽しめますね。

同素材で色違いのカーテンを使って、部屋を飾る。手軽なのに素敵なテクニック。

洗面台の横に小さなカウンターテーブル。お化粧・お手入れにとっても便利です。

合板を貼った壁に白をアクセント的に取り入れて。ウッディな空間が垢抜けた雰囲気に。

壁仕上げに合わせて収納もラーチ合板で造作。空間に一体感が生まれます。

カウンターにしているのは、側溝などに使われるU字溝。木箱を吊るしたような箱といい、工作感のあるインテリアが楽しい。

壁のタイルは既存のものをクリーニングして活用。ファブリックが素敵なベンチもテーブルも造作。

アイアンのフレームでなんとなく玄関と居室を仕切る。ガラスや板ははめていないので、意識だけが仕切られる。

マットな艶感のある塗装壁と、オリジナルブロックのカウンター、合板貼りのキッチン。メリハリの効いた素材使い。

収納扉の通気口。蜂の巣みたいな幾何学パターンが壁紙の模様とリンク。

通風口がついた木の収納扉がロッカーみたい。

キッチンカウンターの側面はオリジナル造作したモルタルブロック。異なる色や形が面白い。

外装にも使われるテラコッタタイル。室内だけど外っぽい雰囲気が生まれます。

造作家具に入った白いスリットが部屋全体に連続感を与えてます。見た目のアクセントにも。

有孔ボードのドットが棚のアクセントに。黒い引き戸の部分は黒板塗装が施されています。

使い方に合わせて移動したり向きが変えられる畳のベンチ!制作費は畳代抜きで1台約7万円だったそう。

ベンチがカウンターデスク、オープンラック、カーテンレール、飾り長押に。一枚の板がトランスフォームしていくみたいな造作が面白い。

部屋に対してフローリングを斜めに貼る。空間に奥行きと変化が生まれます。

しまう、飾る、読む、見る、書く。いろんなことが全部できちゃうリビング一体型ワークスペース。

棚や天板に使われることの多い集成材ですが、こんな風に面を見せるのもアリ。下部は質感豊かな塗装です。

リビングの一角に小上がり。アールのついた壁が“こもり感”を演出。

壁全面が合板仕上げ!壁を塗ろうか、棚を取り付けようか…妄想が広がる空間。

層ごとに色を変えた左官壁が地層みたい。埋め込まれているのは貝殻。

やわらかな印象のこの壁は、泥を混ぜたコンクリート。埋め込まれた貝殻が化石のよう。

厚みのある合板なら、こんな風に切り出してテーブルやイスの脚にできる。

収納にフックを付けてロープで吊るす!木の枝に取り付けたブランコみたい。

薪を押し型にして作ったモルタルブロック。ただ荒々しいだけじゃない表情が生まれてる。

1 | 2