ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

白い壁天井と、木の壁と床。キッチンや家具に至るまで統一された色のコントラストがきれい。

収集した雑貨や本、グリーンなど、実は置きたいものがいっぱいあるリビングダイニング。こんな壁面収納があったら、飾りがいがありそうです。

キッチンの近くに設けたワークスペース。家事の合間にパソコンをしたり読書をしたり、一人で食事をするときにも便利そう。

窓を生かしたい、でもデスクも欲しい。なら、カウンターデスクを「浮かせる」という手は?脚がないカウンターは床もすっきり広く見えます。

玄関を広い土間空間にすると、さまざまな使い方ができる場になりそう。合板仕上げの壁と木の柱もカスタマイズのトリガーになる。

シナ合板でつくった間仕切り壁は厚さ41mm。普通の壁よりも薄めにして、家具や建具のような存在に仕立てています。

同じ引き戸でも、型板ガラスやクリアガラスなど、面材を変えるとまったく違う印象に。明かりの取り入れ方や視線の操作もできますね。

モダンなデザインの木製ガラス引戸。部屋を仕切るだけでなく、部屋を飾る役割も果たしています。

「住み方に合わせて間取りを変えられたら」。そんなわがままを叶えるべく、柱と柱の間に鴨居と敷居を付け、建具をはめ込んで好きに間取りをアレンジできるようにした空間。

構造用合板を切り抜いて作った手すりは、パズルのピースのような形でユニーク。

プレハブ住宅のリノベーション。白と木でシンプルにまとめたインテリアに、現しにした軽量鉄骨の小屋組が引き立ちます。

プレハブ住宅のリノベーション。軽量鉄骨の小屋組を露出させて上部が広々開放的。照明の吊るし方もユニークです。

プレハブ住宅のリノベーション。外壁を造り変えて、窓の位置も一新しています。

玄関を入ると横にスッと伸びる土間。家の中に外のように使える場所があると、できることが広がりそう。

白い壁が、奥の緑を切り取る。この開口部には木の引戸がついていますが、壁の鴨居は目立たず建具枠もなくすっきり。

グレーのサイディング壁と白い塗装壁のツートンカラーで外観をデザイン。

もともとあった外壁の外側に新たに耐震補強壁をつくり、窓の位置も外観のデザインも一新させた戸建リノベーション。

「隠す」と「見せる」、「高い」と「低い」のメリハリを効かせて、圧迫感のない壁面収納。

天井付近にポリカーボネートをはめ込んで、抜け感の演出と明かり取りを両立。シナ合板壁の高さと収納の高さが揃っていてすっきり。

窓を囲むように収納を造作して、窓の前はテーブルのようにも使えるベンチに。梁部分の奥行きの浅い棚は本や小物を置くのに便利そう。

フロアの中央に置いた間仕切り壁も、キッチンや収納と同じシナ合板で。壁というより家具のような存在感。

高さ1820mmのシナ合板壁の奥にあるのは、ワークスペースと寝室。天井まで壁をつくるのではなく、置き家具で仕切るような感覚で、狭苦しさを感じさせない空間に。

サッシの木枠に、カウンター、試着室の壁。使う木の素材を、木目の印象がやわらかな白木に統一して空間をデザイン。

床仕上げは、セメントと補強繊維が主原料の不燃材であるフレキシブルボード。モルタル床よりもやわらかい表情で、ハンドメイドの編み物などを扱うお店の雰囲気にマッチ。

既存のサッシには木枠を付け、サッシ下にあったレンガ貼りの既存壁は板で覆い、フレームが華奢な木製ドアを添えてファサードを一新したショップ。

欄間は、部屋を仕切りつつも光や気配をつなげる機能的なアイテム。デザインや素材を今っぽくするだけで新鮮な印象になる。

吊り棚は扉付き、天板下はオープンな収納にしたキッチン。下の棚の奥は配管が通っており、棚の奥行きは40cm弱と深すぎず、使いやすそう。

部屋のつながり方を簡単に操作できる引戸。引戸を閉じても、上部の欄間が各部屋で過ごす家族の気配を伝えます。

玄関の横に土間スペースを設けて、室内窓を付けた寝室とマンション共用通路とのワンクッションに。自転車を置いたりちょっとした作業をする場所としても良さそう。

型板ガラスの室内窓で、玄関につくった土間越しに採光する寝室。マンションの共用通路を行き来する人や物音を気にせず休めそう。

1 | 2 | 3