ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

天井に落ち着いた色を持ってくると、空間にリラックス感が生まれます。

左官のような壁天井は実は塗装!色だけじゃなく、質感も大事です。

洗面室は明るく!が主流ですが、こんなほの暗いのもリラックス感があっていい。

天井も壁も同じ塗料でペイント。壁と天井の境目に回り縁を付けていないのが、籠り感演出と圧迫感払拭を両立するポイント。

微妙なテクスチャーが陰影と奥行きを生み出す、陰翳礼讃の世界。

陰影を飾る壁。上質で贅沢な空間です。

淡いカラーの塗装壁が、主張ある素材たちをまとめています。

ハードな天井に負けない色と素材を合わせて調和を図る。

間取り変更なしで、カーペットと塗装だけでリノベーションした部屋。雰囲気たっぷり。

リビングとひと続きのオープンなベッドスペースだけど、すごく落ち着きそうなのは色と質感の効果。

眠りにつくまでのひと時を堪能したくなるような寝室。ルーバー戸は通気だけじゃなく、奥行き演出効果もありますね。

壁天井が白だったら、もっと緊張感があったのかも。茶鼠色が床の飴色によく似合います。

悪目立ちしがちな梁も壁天井と同じ色で塗装して、一体感ある空間に。

ダイニングとひと続きになったリビング。一面だけ壁の色を変えて、コーナー感を出す。

いろんな植物が植えられた花台は小さな庭のよう。

マンション外構に使われていた大谷石を室内にも。外気分を持ち込みつつ、建物との一体感を感じさせる仕掛け。

壁天井に質感があると、ほの暗さも絵になります。

木の素材感に馴染むよう、白壁はニュアンスのある塗装仕上げに。

無機質な素材であるモルタルも、左官の技で風情ある趣になる。

石英の骨材が混ざった塗料を塗った天井やブリックタイル壁を、光が際立たせます。

木に見える床はタイル。フローリングNGというマンションの管理規約とペット、床暖房の設置に応えるための選択。

床と壁と天井それぞれに異なる素材を使って、グラデーションのある「白」の空間。

リビングの床高さとデッキの高さを揃えてひと続きに。